FC2ブログ

日光国立公園にある「龍王峡」

栃木県の、日光国立公園にある「龍王峡」を紹介します。

「龍王峡」は川治温泉と鬼怒川温泉の中間にあり、鬼怒川の美しい渓谷を散策することのできる公園です。
昭和25年に「龍王峡」と名付けられたこの渓谷は、今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったと言われています。
その名の通りまるで龍がのたうつ姿を思わせるような迫力のある大景観は、山間のいで湯、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3kmに渡ります。
ことに「むささび橋」からの眺めは、この渓谷でのハイライトです。
巨岩と清流とがおりなす自然の芸術と言われています。
「龍王峡」は、大きく3つの区画に分けられています。
上流の紫龍ヶ渕は、2,200万年前の海底火山の爆発で安山岩が流れ出して形成されました。
そして、紫龍ヶ渕の上に火山灰が体積して出来たのが青龍峡です。
さらに、その上に白っぽい流紋岩が流出したのが白龍峡です。

(1)青龍峡
むささび橋を過ぎるあたりから、岩の色は青っぽく変わっていきます。
火山灰が堆積してできた緑色凝灰岩が両岸を多種多様な奇岩で彩っています。
①岩の原
むささび橋から茶屋の対岸を望めば、そこだけ樹木が生えていない岩の広場が広がっています。
立ち入る事は出来るそうですが、足元には、まむしなどの動植物に注意とのことです。
②柱状節理
散策路沿いに進んで行くと、突然材木を立てかけたような岩肌に出会います。
地下のマグマが地表近くで冷却されて収縮してできたもので、六角形となっているのが特徴です。
③大観
ここに立つと視界いっぱいに、さまざまな表情の岩々が広がり、渓谷の美しさを感じられます。
④兎はね
緑色凝灰岩の分布する青龍峡の最上流にて、川幅4mくらいの狭い廊下状になっているため兎でも渡れるほどだそうです。
⑤五光岩
川床にある直径10mほどの岩塊が五光岩です。
火山灰が堆積してつくられる凝灰岩ででき、岩質が硬軟不均一のため流水による侵食によって、今の奇岩になったそうです。

(2)白龍峡
虹見橋を過ぎると、両岸の岩々が白っぽい流紋岩から形成されています。
白い渓谷には、かめ穴、流紋岩の割目などの景観を楽しめます。
①虹見の滝
野沢からの清流が、晴れた日には陽光に輝き美しい虹を架け、虹見の滝となって鬼怒川に流れ落ちて行きます。
②竪琴の滝
竪琴の弦のように清らかな水が幾筋にも分かれて流れていきます。
③かめ穴
まだ川底だった頃、穴になっている部分の岩質が、流されてきた石より柔らかかったため、渦巻きの流れの中で石が臼の働きをして造られたものです。
④流紋岩の割れ目
海底火山から流出した鉱物を含む流紋岩を観察すると、白っぽく淡い色合いの石基に光沢のある長石や石英などが点在しています。
⑤龍王神社
断崖の上に立つ龍王神社。鬼怒川・川治のふたつの温泉の守護神、御神体龍神像がまつられています

(3)紫龍峡
海底火山 活動の初期に流出した紫がかった安山岩が、兎はねのあたりから少しずつ濃くなりながら、白岩付近まで続きます。
①白岩半島
白岩半島から、白岩展望台に向かって坂道を登っていけば、白岩バス亭があります。
あと残り3km程度進めば、渓谷の絶景を眺めながら入れる川原の露天岩風呂のある川治温泉に出ます。

虹見橋より
虹見橋より眺めるくねくねとした鬼怒川です。

虹見橋
ハイキングコース入り口から階段を下り徒歩約10分の場所にある「虹見の滝」を虹見橋より眺めています。
落差約20m、水量も豊富で迫力のある滝で、晴天時には美しい虹を架けるそうです。
遊歩道は滝を囲むように整備されており、様々な角度から滝が真近で見えます。

竪琴の滝
虹見の滝近くにある「竪琴の滝」です。
優雅な名前のとおり、まるで竪琴の弦のように、清らかな水が幾すじにも別れて流れ落ちています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR