FC2ブログ

松山市の堀之内の昔と今

松山市に、堀之内という地名があります。

堀之内(ほりのうち)は、全国にもいっぱいあるようですが、中世日本における武士・在地領主の館(たち・たて)を指す歴史用語で、土居(どい)とも言うそうです。
これは、館の周囲には通常、堀や盛り土による垣がめぐらされていたため呼ばれたそうです。
地名としての堀之内は、中世期のこの堀之内に由来しているそうです。

松山城は、別名として金亀城(きんきじょう)、または勝山城(かつやまじょう)とも呼ばれていますが、この城を含めた周辺を城山公園(しろやまこうえん)と呼んでいます。
城山公園は、松山城の本丸、二之丸、三之丸を包括しています。
このうち、堀之内は松山城の三之丸に当たります。
堀之内には、NHK松山放送局、愛媛県美術館、愛媛県立図書館、松山市民会館があります。
従来あった松山市営球場や競輪場は松山中央公園に移転されました。
他にも、愛媛県民館、ラグビー場、松山市立城東中学校(1983年御幸中と統合し松山市立東中学校になっています)、四国がんセンター、テニスコートが移転やなくなったりしています。
終戦後には、進駐軍により三之丸を囲む堀を埋め立てる指示が出されましたが、市民の運動により堀は現在もその姿を残しています。
現在は、景観を活かした公園として整備中です。
各種催し物が開かれ、市民の憩いの場となっています。

「松山市 古地図」の画像検索結果
平成16年地形図にあてはめると、松山城や堀之内の外周には、武家屋敷が立ち並んでいたそうです。
また、その外側には古町や中の川、それに勝山通りに町屋があったようです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR