FC2ブログ

アフリカ大陸の地下水

アフリカ大陸の地下には膨大な量の地下水が眠っているそうです。

これは、イギリスの地質学調査機関とロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の研究により判明したそうです。
この記事によれば、乾燥した大地として知られているアフリカ大陸は、地下に膨大な量の水を蓄えた貯水池の上に
横たわっているようなものだと研究者たちは言っています。
この研究者たちにによれば、アフリカの地下にある水の量は、アフリカ大陸の表面にある水量の100倍だそうです。
淡水の川や湖は、アフリカで生きる人たちや農家の人たちの生活を制限させる、季節性の洪水や干ばつに影響されています。
事実、現在アフリカでは耕地のたった5%しか灌漑されていません(水の供給が整備されていないのが現状です)。
その為、雨や雪が降っても、そのうち多くは川に流れていくか、植物や作物を潤す為にしか使われていません。
また他の水は土壌の下にある岩石層にぽたぽたと落ちていっています。
そして、これらの地下水は、岩石と相互に連結した狭い空間や、砂岩の中の個々の砂粒の中に閉じ込められています。
これらの地下水は帯水層と呼ばれていますが、地下水は帯水層の中で動かないのではなく、重力や、その上にある水の量によって押し引きされています。
と帯水層の中で地下水が動くと、そこで多くの不純物が取り除かれるので、地下水は地上の水よりもきれいになります。

数世紀に渡る気候変動により、サハラの地域は砂漠になったのですが、その地下の帯水層は5000年以上前の水で満たされているそうです。
大量の砂漠の地下水を使えば、砂漠を緑あふれる土地に回復させることも難しくはないのかも知れません。
サハラ砂漠の深層地下水は、氷河期にまだサハラ一帯が草原や森林地帯だった頃の水だと言われています。
1万年以上前の雨水が地層の中に閉じ込められたもので、この水は「化石水」と呼ばれています。
いくつかの資料によると、にサハラ砂漠には300m~1200m辺りから地下水があるようです。

07662.png 
アフリカ大陸で、ボーリング掘削中に水脈が見つかりました。
水温は65℃です。
水源が深いので水は地熱で加熱されています。
サンドストーンという砂岩に閉じ込められて眠っていた水ですが、写真は、ポンプで汲み揚げて、人工のオアシスになっています。
また、水が自然に湧いて出るオアシスもあるそうです。

07663 
衛星の地下探索レーダで広大な地下水源が見つかりました。
写真で、水色の部分がそうですが、サハラ砂漠の地下にはアマゾン川流域の水資源に相当する地下水が含まれていると言われています。
水源は、だいたい地下300~1200mにあり、フランスの国土と同じ面積があるそうです。
ボーリングして水を汲み上げれば砂漠を緑地化できるかも知れません。
でも、大量に汲み上げると、数百万年かけて蓄えられた水も数百年で枯渇すると思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR