FC2ブログ

大きい被害を出した台風18号

日本を縦断して、大きい被害を出した台風18号について調べてみました。

平成29年台風第18号(へいせい29ねん たいふうだい18ごう、アジア名: タリム/Talim、命名: フィリピン、意味: 鋭い刃先)は、2017年(平成29年)9月9日に発生し9月18日に温帯低気圧に変化した台風です。
マリアナ諸島で発生し、北上して鹿児島県に上陸し、その後も高知県、兵庫県、そして北海道には2度上陸し、さらにサハリンに上陸した18日の21時に温帯低気圧へと変化しました。
観測史上初めて北海道・本州・四国・九州の本土4島全てに上陸した台風です。
①台風の動き
9月7日21時にマリアナ諸島の東で熱帯低気圧が発生し、合同台風警報センター(JTWC)は、熱帯低気圧番号20Wを付番しました。
20Wは9日21時に北緯15度25分、東経143度10分で台風となり、フィリピンが命名したアジア名タリム(Talim)がつけられました。
11日午後にはフィリピンの監視領域に進入し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ラニー(Lannie)と命名しました。
フィリピンの東の海上を進む18号は11日に「強い」勢力となり、暴風域も伴いました。
13日の午前には先島諸島に接近し、宮古島を暴風域に巻き込んだ後、「非常に強い」勢力となった18号は東シナ海を北上し、ブーメランのように北東方向へ急カーブして進路を九州地方に向けました。
秋は太平洋高気圧の勢力が弱まった影響で偏西風が本州付近まで南下するそうですが、18号がその偏西風に乗ったため急カーブしたそうです。
17日11時半ごろ、18号は中心気圧975hPa、最大風速30m/sの勢力で鹿児島県南九州市付近に上陸しました。(その後、気象庁は再上陸したと認めていないものの、一度鹿児島湾に出た後、垂水市付近に再上陸しました。)
17日13時ごろには九州と四国の一部を暴風域に巻き込み、高知県内の複数個所では20m/sを超える最大瞬間風速が観測されました。
17日17時ごろに高知県宿毛市付近に再上陸し、四国のほぼ全域が暴風域に入り室戸岬では17日17時42分に最大瞬間風速47.8 m/sを観測しました。
その後、四国地方・瀬戸内海を横断し、17日22時ごろに兵庫県明石市付近に再上陸(3度目の上陸)しました。
18日3時に暴風域がなくなったものの、日本海に抜けたのち再発達し、18日6時に暴風域が再度出現しました。
18日10時過ぎに暴風域を伴ったまま北海道の檜山地方に再上陸(4度目の上陸)しました。
渡島半島を通過し、内浦湾に出たのち、18日12時過ぎに胆振地方西部に再上陸(5度目の上陸)しました。
その後北海道を縦断して稚内市付近で宗谷海峡に抜け、ロシアのサハリンに再上陸(6度目の上陸)し、18日21時に同島の北緯47度、東経143度で温帯低気圧に変わりました。
②気象状況
・大雨
台風の接近に伴い、北海道や西日本、南西諸島を中心に大雨となり、降り始めからの雨量が沖縄県宮古島や宮崎県で500ミリを超えたところがありました。
気象庁は14日未明、宮古島で「50年に1度の記録的な大雨」になっていると発表し、17日には大分県で4回の記録的短時間大雨情報を発表しました。
以下の地点では、観測史上1位の記録を更新しています。
・1時間雨量
北海道大樹町(大樹):85.0ミリ(18日10時34分まで)
大分県佐伯市(宇目):89.5ミリ(17日14時17分まで)
大分県佐伯市(佐伯):84.5ミリ(17日9時6分まで)
宮崎県国富町(国富):81.5ミリ(17日4時52分まで)
・24時間雨量
北海道登別市(カルルス):316.0ミリ(18日20時30分まで)
愛媛県東温市(上林):260.5ミリ(18日10時50分まで)
大分県大分市(佐賀関):335.0ミリ(17日19時10分まで)
宮崎県宮崎市(赤江):386.0ミリ(16日11時50分まで)
沖縄県宮古島市(城辺):533.0ミリ(14日6時まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)
・72時間雨量
大分県大分市(佐賀関):374.5ミリ(18日4時まで)
宮崎県宮崎市(赤江):512.0ミリ(17日23時30分まで)
沖縄県宮古島市(城辺):567.0ミリ(16日1時40分まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)
・暴風
北海道から沖縄県までの広い範囲で風速20メートル以上の非常に強い風が観測されました。
最大瞬間風速青森県八戸市(八戸):41.7メートル(18日12時4分。観測史上1位を更新)
・被害・影響
大分県では17日、大分県中部から県南部の川が多数氾濫しました。
臼杵市では市街地で冠水し、水防活動の面目で大分県知事から陸上自衛隊第41普通科連隊長へ災害派遣要請が出されました(災害派遣は翌18日13時に撤収要請)。
津久見市では津久見川と徳浦川で氾濫し、津久見市役所を含め広範囲で浸水しました。
このほか、大分市・豊後大野市の大野川、佐伯市の番匠川水系井崎川で氾濫が発生し、臼杵市の風成川や佐伯市の門前川でも、氾濫が発生したとみられます。
宮崎県では、宮崎市、国富町、日向市、延岡市で突風被害が発生しました。
また鹿児島県十島村でも突風被害が発生しました。

愛媛県では、台風の直撃ではなかったので、被害は比較的少なかった方ですが、それでも一日で、187.5mmの雨が降っています。
風も強く、ビニール傘があっという間に壊れてしまう程でした。
そして、暴風雨域も、大きくなったり小さくなったりで、息の長い台風でした。
最近は、特に台湾や中国のほうに行ったかと思えば、急カーブして日本列島を直撃しています。
近年は、このような天災が多くなってきています。
地震も含めて、地球の温暖化が深くかかわってきているような気がします。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR