日本の天然橋について

日本には天然橋がたくさんあります。
その中で、代表的な天然橋を紹介します。

①北石橋
北石橋(きたしゃっきょう)は、宮城県仙台市 蔵王国定公園二口峡谷にある、自然が作った巨大な石橋です。
北石橋は、宮城県の秋保(あきう)温泉、秋保大滝からさらに奥に行った、大東岳裏コースと呼ばれる大行沢(おおなめさわ)に沿った登山道を行かなければいけません。
北石橋は天然のアーチ橋で、長い年月をかけて水流が岩に穴を穿って出来たものだそうです。
この付近では、他にも、鳴虫沢の南石橋、ムジナ森沢のムジナ森石橋が知られています。
ブリッジになったところの沢からの高さは20mぐらいはありそうです。
ブリッジの長さは10メートルを越えるそうで巨大だそうです。

イメージ 13
この写真だけ見ると、山の中の普通の洞窟みたいに見えて、巨大なイメージはありません。
山の中だけに、自然の中で、20mクラスの天然橋が見られるのは感動するかも知れません。

②大棧橋
大棧橋(だいさんきょう)秋田県男鹿市の、男鹿国定公園内の海上にかかる天然の石橋で、男鹿半島の西海岸を代表する景勝地となっています。
大桟橋は、男鹿の荒波により、長い年月を経て大きな岩がくりぬかれています。
その大きさは、観光遊覧船が、この自然の大橋の下をくぐり抜けるほどです。
大桟橋道路(おが潮風街道)からは突き出た岩の造形美が楽しめます。

大棧橋 
立派な天然橋です。
観光遊覧船が、くぐり抜けるほどなので、幅20m以上、高さ15m以上はありそうです。

③円月島
円月島(えんげつとう)は、和歌山県白浜町白浜のシンボルとして親しまれている島です。
正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれているそうです。
円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれており、日の沈む夕景の美しさは格別だそうで、夏は6時30分頃、冬は4時30分頃に見るのが最高だそうです。


左右対称の島で、円月島の穴の中に夕日が沈む時期があるそうです。
これは なかなか見れない光景だそうです。

④羅生門
羅生門(らしょうもん)は、岡山県新見市草間にある国の天然記念物で、陥没ドリーネ群中の巨大な天然橋と鍾乳洞です。
多数の鍾乳洞や、ドリーネの点在するカルスト地形の広がる、「阿哲台」と呼ばれる標高約400メートルのカルスト台地上にあります。
1930年(昭和5年)8月25日に国の天然記念物に指定され、2007年には、日本の地質百選にも選定されました。
鍾乳洞の天井が陥没し、残った部分が天然橋になったもので、第一門から第四門まであります。
第一門は高さ38m、幅17mのアーチ状の天然橋で、他とは独立しており、上部を通行できるそうです。
第二門と第三門は一体に連結していて、洞口を三つ有する一つのカルストトンネルです。
第四門は吸い込み穴型の長大な鍾乳洞で、約300m奥の最奥部は地底湖になっています。

写真
立派なカルストトンネルです。
この羅生門も写真で見るのと、実際に潜り抜けたのとでは全く違った印象だと思います。

⑤雄橋
雄橋(おんばし)は広島県庄原市東城町の帝釈峡にある天然橋です。
比婆道後帝釈国定公園の一角を担う景勝地で、1987年(昭和62年)5月12日に国の天然記念物に指定されています。
広島県北東部の帝釈川中流域に広がるカルスト地形(石灰石台地)で、帝釈川の浸食作用によって形成された石灰石の天然橋です。
もともとは鍾乳洞であったものが、地底川の侵食の進行によって洞門が大きくなったことで天井部分が落盤し、一部分だけが橋状に残されたと考えられています。
したがって、雄橋の橋床部分がかつての帝釈川の川底であったところだと考えられています。
台地の浸食が始まり橋が形成された時期は資料によってまちまちですが、最近では第四紀の終わり、数十万年前以降とされています。

ひょっとして夜は動き出すかも?! 
この雄橋は、私も8年程前に行ったことがあります。
全長90m・幅18m・厚さ24m・川底からの高さ40mで、日本を代表し世界でも類を見ない石灰岩の天然橋です。
渓水の浸食作用により、巨大な岩盤の下部が長い年月をかけて貫通して出来たそうです。
この橋を架けたのは「神様」または「鬼」ともいわれ、神秘的な佇まいを留めているとの謳い文句でしたが、あまり神秘的な印象はなく、少し大きい石橋くらいに思えました。
その昔は、東城と西城・庄原方面を結ぶ街道として人通りも多く、馬や籠も通っていたそうで、備後路を往来する人々が使用していた形跡が今でも残っているそうです。

⑥千貫松島
千貫松島(せんがんまつしま)は、鳥取県岩美郡岩美町にある、花崗岩の離れ岩で、トンネルのように穴が貫通している「海食洞門」です。
高さ10mの洞門の頂には、1本の見事な緑の松が生えています。
旧鳥取藩主の池田綱清公がここで舟遊びをした時、この島のあまりの美しさに「わが庭にこの岩つきの松を移すことができた者に、禄千貫を与えよう。」と言ったことから、「千貫松島」と呼ぶようになったそうです。

千貫松島 -花崗岩に形成された天然橋-(c)FUMIO YOSHIDA/SEBUN PHOTO
このような島は、瀬戸内海にはいくつもありそうですが、ぱっくりと穴が開いているのはやはり珍しいと思います。

⑦通天橋
通天橋は、島根県隠岐郡西ノ島町の、大山隠岐国立公園の一部、国の名勝地である国賀海岸にあります。
急崖の連続する摩天崖の一部に、アルカリ玄武岩と凝灰岩の互層を削って形成された海食洞が崖を突き抜けて、橋梁状になっています。
大正時代の豊岡地震で半壊したそうなので、以前より規模が小さくなっているそうです。
典型的な天然橋で、アーチ状の海食洞門です。
海食洞門は、海食洞の侵食が進んで両側に開口しています。
地層は新生代鮮新世のアルカリ玄武岩の溶岩や火砕岩です。


立派な海食洞門です。
断崖には縞模様が見られますが、こfれが地層の層理面に当たり、西ノ島のほとんどはこの玄武岩から構成されているそうです。

⑧川辺の天然橋
川辺の天然橋は、鹿児島県南九州市上山田柿房虚空蔵獄にあり、鹿児島県指定天然記念物です。
付近一帯の地形は 300 ~ 400m の低平な山地と、その周囲を取り囲むように分布するシラス台地から構成されています。
山地は基盤をつくる四万十累層群と、それを覆う数百万年前の南薩層群に属する火山噴出物で造られています。
天然橋は、虚空蔵岳の頂上付近の、安山岩質凝灰角礫岩層を東西にまたいだもので、長さ8 m、高さ 3.3mあり、アーチ型をしています。
橋床から橋上まで高さ 10m、橋上の幅 3.5mで、人が自由に往来できる広さがあります。
この天然橋は、風雨による長年にわたる浸食作用の結果できたもので、凝灰角礫岩の割れ目に雨水がしみ込み、それが徐々に拡大してついに穴が形成され、アーチ型になったものだそうです。
この天然橋は、かつては修験の場となったことがあるそうです。

イメージ 15 
この天然橋も、写真だけではわかりずらいところがあります。
草とかが生えて通行もままならないような写真ですが、天然記念物なので、実際は整備が行き届いていることと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR