ホルンフェルスについて

ホルンフェルスについて調べてみました。

ホルンフェルス(hornfels)は、古いドイツ語では緻密な角張った外観の岩石を指すそうですが、現在では、接触変成作用によって生成する、組織に著しい方向性のない変成岩の総称です。
元来は泥質堆積岩に由来するものについて用いた用語ですが、今では無方向組織をもつ変成岩を一般にホルンフェルスとい呼んでいます。
接触変成作用で再結晶した岩石は、多くの場合、片理や片麻状組織を持ちません。
またホルンフェルスに含まれている再結晶鉱物は、互いに入り組んでいたり、互いに他の鉱物を包みこんだりしています。
このため、この変成岩は塊状緻密(ちみつ)で非常に硬いのが特徴です。
また、接触変成作用をうけた岩石はしばしば特有な縞模様ができます。
これは熱源である貫入火成岩体から大量の水分などが周囲の岩石に供給され、その水分中に岩石の成分が溶けこんだり、水分から岩石に成分が付け加わったりすること(交代作用という)によって形成されると言われています。
ホルンフェルスの特徴として、次のようなものがあります。
①泥質堆積岩から導かれたホルンフェルスは、黒雲母(くろうんも)、紅柱石、菫青(きんせい)石、正長石などを主成分とし、変成作用の温度が高い場合には、珪線(けいせん)石や斜方輝石、ざくろ石なども生成します。
②塩基性火成岩起源のものには、斜長石、普通角閃石、透輝石などが出現します。
③原岩が石灰質の場合には、石灰ざくろ石、透輝石、珪灰石、ベスブ石、柱石など、カルシウムを含む鉱物で特徴づけられる岩石ができ、このような石灰質ホルンフェルスは、とくにスカルンと呼ばれています。
そして、異なるホルンフェルスは、最も重要な構成鉱物の名称を頭に付けて、菫青石ホルンフェルスとか、紅柱石ホルンフェルスというように記述しています。
ホルンフェルスは、火成岩貫入体の周りの比較的狭い地域に生成しますが、圧力に対して温度が高く、変形作用が弱い場合には、広域変成作用によってもできることがあります。
日本の領家(りょうけ)変成帯は、このようにホルンフェルス状の変成岩が広く分布する広域変成帯の例です。

ホルンフェルスは変成岩の一種で熱による変成(接触変成作用)によって生じる接触変成岩です...
山口県萩市の須佐地方の「須佐のホルンフェルス」です。
「須佐のホルンフェルス」は、変成岩の一種(マグマの熱などによって砂岩や頁岩が深成岩と接触変成したもの)が 海流で侵食されて、美しい大断崖になったもので、 須佐湾奥から北に5km進んだ海岸沿いに見られる海食崖は そのスケールの大きさから知名度が高く2007年には、日本の地質百選に選定されました。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR