北朝鮮の核実験について

北朝鮮がまた核実験を行いました。

今回で6回目の核実験ですが、爆発規模が120キロトン超(TNT火薬換算)だそうです。
アメリカが広島に投下した原爆は16キロトン、長崎は21キロトンなので、いかにすごいかがわかります。
地震のマグニチュード(M)は、気象庁は6・1(暫定値)、USGS(=アメリカ地質調査所)は、マグニチュード6.3としています。
日本政府は、「水爆実験だった可能性も否定できない」としています。
核実験をしたのは、3日午後0時29分頃で、北朝鮮の核実験場がある北東部の咸鏡北道・豊渓里一帯だそうです。
国防省などによると、これまで5回核実験が行われている北朝鮮北東部豊渓里の地下核実験場は、北朝鮮の政権指導部の決断があればいつでも核実験を実施することができる状態を維持してきたそうです。
アメリカの北朝鮮研究チーム「38ノース」は5日、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)の実験場周辺の衛星画像を公開していました。
実験前の1日と実験後の4日に撮影された画像を比べると、実験前は木が生えていたとみられる緑色の部分が、実験後は特に谷筋にあたるところで黄土色に変化した部分が増えていて、地面があらわになっている様子がうかがえます。
研究チームは、これらの地表の変化は「地すべりによるものだ」と分析しています。
これまでの5回の核実験よりも地すべりの数が多く、規模も大きいとして、今回の爆発の威力が過去最大だったという見方を示しています。
ここまでの核実験を何故する必要があるのでしょうか?
これだけの規模の地すべりが発生しているということは、地下の核実験場でもコンクリートなどが崩壊や亀裂によって、放射能が外部に拡散している恐れもあります。
北朝鮮くらいの小さな国だと、核実験をするだけで国民が犠牲になることもあると思います。
日本も隣国なので他人事ではありません。
放射能の怖さは、福島原発で十分味わっています。
こんな実験、ものすごく無駄なことをきちっと教えるべきです。
北朝鮮だけでなく、地球が崩壊してからでは遅いのです。

9月4日に撮影された北朝鮮・豊渓里にある核実験場周辺の衛星写真です。
(プラネット/38ノース提供・共同)

北朝鮮分析サイト「38ノース」が5日に公開した衛星写真は、北朝鮮による6回目の核実験の実験の後に豊渓里(プンゲリ)の核実験場を撮影したものです。
「38ノース」によりますと、核実験後の写真には多くの地すべりが実験場や周辺で確認され、地形の変動は過去に行われた実験の時よりも大規模で、広範囲にわたるということです。
この写真だけでは解りにくいのですが、谷筋に白っぽくみえているのが陥没して地面があらわになっているところです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR