粘板岩について

粘板岩について調べてみました。

粘板岩(ねんばんがん slate)は、泥岩あるいは頁(けつ)岩が弱い変成作用を受け片理がよく発達したために、片理に沿って薄く板状に割れやすい性質をもつ泥質の岩石のことで、スレートとも呼ばれています。
泥岩や頁岩が圧密作用によりスレート劈開を持ったものです。
スレート劈開(slaty cleavage)とは、泥質岩など細粒の粘土鉱物を多く含む岩石が、低変成度の条件で変形して形成されることで、緑泥石やイライトなど細粒板状鉱物の配列と面状の黒い筋による面構造です。
粘板岩は、厳密に言うと、変成作用を受けているので、変成岩ということになるのですが、再結晶の程度がきわめて弱く細粒であるために、堆積岩としていることのほうが多いようです。
変成作用とは、熱や圧力のため、一度できた岩石が融けないままに鉱物や組織が変化して別の岩石になることです。
そして、変成作用でできた岩石を変成岩と呼んでいます。
でも粘板岩の例でも言えるように、続成作用との境界はあいまいです。
例えば、泥→泥岩→頁岩→粘板岩→千枚岩→結晶片岩→片麻岩→花崗岩と岩石が変化していくときに、どこまでを続成作用といい、どこから変成作用というかの合意はないそうです。
つまり、粘板岩や千枚岩を堆積岩に入れるか変成岩に入れるかの合意はないそうです。
頁岩は、粘板岩と違って変成作用は受けてないのですが、露頭で見かけると判断がつかないときがあります。
どちらも千枚状に砕けるのが特徴なので現地で悩んでしまいます。
粘板岩は一般に暗灰色から黒色で、凝灰質のものでは赤紫色や緑色を呈し、石英・雲母・粘土鉱物・長石・赤鉄鉱・黄鉄鉱などが含まれています。
中・古生層の泥質岩に多く、石質は緻密で硬く湿気を吸収することが少なく、薄板として採石しやすく、また割れた表面に凹凸が少ないために、屋根瓦、石盤、硯(すずり)、敷石、石碑などに利用されています。
粘板岩の石材としては、
・剥離性に富み平らな薄板状になるものに宮城県女川石(おながわいし)
・あまり剥離性が発達せず大材として採石される宮城県石巻市産の井内石(いないいし)
・碁石の黒石として有名な那智黒(黒色粘板岩)
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR