新潟県の「清津峡」と「清津峡峡谷トンネル」

雄大な岩礁と清流からなる日本有数の景勝地「清津峡」を紹介します。

「清津峡」は、新潟県十日町市小出から湯沢町八木沢にかけての全長約12.5kmの渓谷で、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷です。
昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、その荘厳なる閃緑ひん岩と柱状節理の美しさから、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つに数えられています。
清津川を挟んで切り立つ巨大な岸壁がV字型の大峡谷をつくり、雄大な柱状節理の岩肌とエメラルドグリーンの清流が、訪れる人々に深い感動を与えます。
観賞用として「清津峡峡谷トンネル」があり、中にある4つの見晴所から雄大な渓谷美を堪能できます。
この「清津峡峡谷トンネル」ですが、これを造ったのには経緯があります。
昔は、清津川に沿って、清津峡温泉から八木沢にぬける遊歩道(登山道)があり観光客の立入、通行が可能だったのですが、春先はなだれや残雪で通行不能だったり、また大小の落石や土砂崩れが頻発し、大変危険な道でした。
こんな中、1988年(昭和63年)7月、落石が頭にあたり男性1名が亡くなるという事故が発生しました。
以来、通行の安全が保証できないということで、この歩道は通行はもちろん立ち入りも一切禁止となりました。
これにより、温泉街から奥に入ることができなくなり、もっとも柱状節理の渓谷美が見事な場所(屏風岩)を見ることができないという状態が続きました。
地元や観光客から、せめて渓谷美だけでも見られるようにしてほしいという要望が多く、環境庁(国立公園担当)、文化庁(天然記念物担当)、新潟県などの関係機関と地元中里村との間で検討が始まりました。
そこで、
①閉鎖した遊歩道の再開は不可能
②岩が崩れやすく安全な歩道の整備は困難
③国立公園内であり、外観を損なう大規模な人工物の建設は認められない
④国立公園とはひろく国民に利用されることが目的であり、観光資源としてもこのまま放置しておくことはできない
などのことから、歩道の代替施設として、安全に通行でき外観を損ねない歩道トンネルの建設が決まりました。
新潟県の補助金をうけ、中里村が事業主体で、総工費約20億円です。
平成4年に着工され、平成8年10月1日に「清津峡渓谷トンネル」としてオープンしました。
完成によって、閉鎖されてから8年ぶりに、清津峡の渓谷美がその一部ではあるが見られるようになりました。
ただし、川沿いの遊歩道は、現在も立ち入り禁止となっており、山越えの登山道が整備されています。
川沿いの遊歩道に比べるとつまらないとか、トンネルが長くて見るところが少ない等々、不満の声もあるそうですが、頭上(天候や落石)や、足もと(段差や石など)を気にせず安全に鑑賞できることや、ベビーカーや車椅子の利用ができます。

[ V字谷 ]  左右に切り立つ柱状節理の絶壁。V字谷のパノラマに圧倒されます。

左右に切り立つ柱状節理の絶壁「昇天閣」です。
V字谷に入り込んでいる臨場感に圧倒されます。
清津峡は信濃川の支流である清津川によって作られた渓谷で、1941年に国の名勝と天然記念物に指定されています。

[  ]  第二見晴所。ここは丸淵と呼ばれており、川が蛇行して流れています。

ここは丸淵と呼ばれ、川が蛇行して流れています。
下流方面は順光となり手前の崖と奥の崖の陰影差が強く出ます。

[  ]  第二見晴所(丸淵)の正面。くの字に曲がる川と柱状節理の絶壁。

正面を見ると川が曲がっており、その奥に迫力ある柱状節理の絶壁が見えます。
柱状節理(ちゅうじょうせつり)とは、マグマがゆっくりと冷え固まるときに五角形・六角形の柱状になった岩のことです。

[  ]  1996年に全長750mの「清津峡渓谷トンネル」が完成し、3つの見晴所とパノラマステーションからの眺めを楽しめるようになりました。

「清津峡」では以前は、川沿いの遊歩道を歩いて眺望ポイントに行っていましたが、落石事故により死者が出たため、1996年に全長750メートルの歩行者専用トンネル「清津峡渓谷トンネル」が作られ、安全に眺望を楽しめるようになりました。
駐車場は3ヶ所(約200台)入坑口で料金(大人:600円)を払い、清津峡渓谷トンネルに入ります。
4ヶ所の見晴所、終点にはパノラマステーションが設けられており、柱状節理の渓谷美を味わうことができます。
トンネル入り口から第一見晴所までは、清津峡の成立ち、四季などを紹介する展示スペースが続いています。
このような、コンクリートだらけのトンネルを歩くのは何か味気のない気がしますが、やはり安全が一番ですね。

清津峡渓谷トンネル施設案内
「清津峡渓谷トンネル」の施設案内です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR