愛媛県の陸繋島

陸繋島について調べてみました。

陸繋島(りくけいとう land-tied island)は、陸を繋ぐ島と書きますが、この字の通り、海岸近くに存在する島に砂州(さす)が発達して、ついに陸岸とつながってしまったものを言います。
島と陸岸とを結ぶ砂州はトンボロtomboloと呼ばれ、陸繋島に対し1本で結ばれたものや、2本、3本で結ばれて中央に海跡湖(潟湖(せきこ))をもったものなど種々の形態があります。
わが国の代表的な陸繋島は、北海道の函館山や、紀伊半島の潮岬(しおのみさき)などがあり、そのトンボロには函館市街や串本漁港(和歌山県)などが発達しています。
リアス式の海岸には小さい規模の陸繋島が多数存在しています。

愛媛県でも、沖の島とか弓削島、由利島が陸繋島です。
沖の島(おきのしま)は、愛媛県宇和島市の沖合いで、日振島の北方約600m沖合いに位置しています。
面積0.18平方kmの小島で無人島です。
日振島の北端から約600m沖合いに位置し、元は小島が4つあったそうですが、砂州により結合して一つの島となったそうです。
最高標高70mでアコウ樹等が自生しており、周囲には砂洲が広がっています。
島のすぐ東には同様の無人島である竹ヶ島があります。
島の東部の砂洲にはハマユウが群生し、愛媛県指定の天然記念物となっています。
一時は害虫により壊滅的な打撃を被っていたそうですが、地元中学生の世話等により、よみがえっているそうです。
弓削島(8.81平方㎞)は、上島諸島のなかで最も大きな島です。
ひょうたん形をしたこの島の北の上弓削と南の下弓削の、二つの島をつないだトンボロ(陸繋砂洲)を利用した揚げ浜式塩田のあったところが弓削の中心地になります。
弓削という名の由来は諸説があるのですが、古くは久司の浦と呼ばれたことがあり、物部氏の一族だった弓削部の人々が移住したことから弓削の名が起こったとも言われています。
このブログで何度も紹介した由利島(ゆりじま)も陸繋島です。
松山港の沖合の標高194mの無人島で、面積0.45km2の小島ですが、大小二つの島が砂州でつながった形をしており、それぞれ大由利、小由利と呼ばれています。

瀬戸内海の「島の数」は、外周が0.1Km以上の島の数は727と言われています。
(昭和61年の海上保安庁の調査です)
①広島 142
②愛媛 133
③山口 127
④香川 112
⑤岡山 87
⑥兵庫 57
⑦和歌山 41
⑧徳島 24
⑨福岡 6
⑩大分 3
なお、島の定義の範囲外では、約3000を数えるとも言われています。
小規模の陸繋島は、限りなくあると思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR