今度は福岡と大分に「大雨特別警報」

大雨の継続情報です。

昨日の朝、島根県に「大雨特別警報」を発表していた気象庁は、今日は、福岡県朝倉市や同県久留米市、大分県日田市など31市町村に「大雨特別警報」を出していました。
「大雨特別警報」は、数十年に1度の降雨による甚大な被害の恐れがあることを前提としているので、そんなにしょっちゅう出すわけではありません。
でも、九州北部は5日、活発な梅雨前線に湿った空気が流れ込み、福岡、大分、佐賀県で記録的な大雨となったそうです。
島根県や広島県ばかりが気になっていましたが、気象庁の推計では、福岡県東峰村、佐賀県鳥栖市などで1時間に110~120mmを超える猛烈な雨が降ったとして「記録的短時間大雨情報」を発表しています。
また、朝倉市では同日深夜までの24時間雨量が515・5mm、日田市も同329・5mmとなり、いずれも観測史上最大を記録しています。
福岡、大分両県では6日午前0時現在、18万1885世帯約43万300人に避難指示を出しているので、「大雨特別警報」は当然なのかもしれません。
それにしても、1時間に110~120mmとか、24時間雨量が515・5mmとかは、常識では想像できません。
家にいても「テレビの音が聞こえない」とか誰かが言っていましたが、まさに恐怖を感じるような大雨だったろうと思います。

大雨による濁流でえぐられた道路=5日午後6時半ごろ、福岡県朝倉市(同市提供)
大雨による濁流の圧力で、道路がえぐられています。
(5日午後6時半ごろ、福岡県朝倉市提供)
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR