バキスタンの大惨事は人ごとではない

これは交通事故なのですが、思わぬことから大惨事になってしまいました。

パキスタン東部バハワルプルで6月25日、石油を積んだタンクローリーが横転しました。
タンクローリーは急なカーブを回ろうとしているところでタイヤが破裂したそうです。
パキスタンでは車両の整備不良や危険運転のため、交通事故が大きな問題となっているそうですが、タンクローリーはカラチというところからラホールというところへ石油2万5000リットルを運ぶところだったそうで、あたり一面石油の海になってしまいました。
これだけなら、たいした事故ではないのですが、捜査筋によると、交通警察はタンクローリーから遠ざけようとしたそうですが、女性や子供を含む住民たちが、横転した車体からこぼれ出た石油を集めようと、鍋などを手にたくさん集まってきたそうです。
近隣の村の親類たちにも石油を取りに来るよう電話で連絡していたそうです。
そして、その中の通行人の一人が、たばこに火をつけたのを機にタンクローリーが炎上したそうです。
タンクローリーが一気に燃え上がると、周りにいた人たちはたちまち炎に包まれたそうです。
現地当局によると、少なくとも150人が死亡したそうで、死者数はさらに増える恐れがあるそうです。

パキスタンにとって、石油は貴重ですが、まさに命がけです。
そして、常識のない人はどこにでもいるものです。
こんな私も、若い頃にガソリンスタンドでタバコを吸っていても危険だと思わなかった非常識な頃がありました。
また、これは私ではないのですが、40年ほど前はボーリング調査の現場では、冬場は寒いので焚き火をしていたのですが、ガソリンをかけて火をつけたものだから一気に燃え上がって、その人は前髪がちりちりになっていました。
誰もが常識のないことをして、後で冷や汗をかくことは経験しているものですが、ガソリンみたいに揮発性の高いものは、ものすごく注意が必要です。
最近は、ガソリンスタンドもセルフの店が多くなって、素人が何の講習もなしに自分でガソリンを入れる時代になっています。
そうです。
私たちにとって一番身近な車は、ガソリンで走っています。
パキスタンの大惨事は、決して人ごとではないことと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR