佐賀県の海食洞「七ツ釜」について

佐賀県唐津市の海岸には、「七ツ釜」という海食洞があります。

「七ツ釜」(ななつがま)は、7つの海食洞があるということから、「七ツ釜」と名付けられたと思われますが、実際には7つ以上の洞があります。
「七ツ釜」の洞窟を作っている岩石は、玄武岩ですが、その昔に、火山によって流れ出したマグマが玄武岩となり、さらに海水で急速に冷却されたことで、五角形や六角形の柱状に固まる柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達しています。
そして、玄海灘の荒波がその玄武岩を浸食し、現代の海から続く海食洞窟を作りあげたと言われています。
「七ツ釜」の上部は天然の芝で覆われ、休日を過ごすのには丁度よい散策地だそうです。
近くには波戸岬、立神岩があり、天気のいい日には遠く壱岐・対馬も遠望することができるそうです。
そして、「屋形石の七ツ釜」(やかたいしのななつがま)として、1925年に国の天然記念物に指定され、日本初の海中公園にも指定されています。
この「七ツ釜」の観光方法は2通りあるそうです。
まずは、遊覧船で海上から「七ツ釜」を観光する方法ですが、玄海国定公園の駐車場から徒歩5分ほど、海に下る道を進むと4月下旬~10月の土日祝日に限って、屋根付きボートの上にイスが並んだタイプの「七ツ釜遊覧船」が運航されています。
乗船料1000円で、「七ツ釜」のすぐ近くから発着するので無料駐車場も使えて、車でアクセスする方には便利ですが、期間限定の上、平日は残念ながら利用できません。
平日も土日・祝日も毎日運航しているのが、呼子港から運行される「マリンパル呼子・イカ丸」で、イカの形をした客室とデッキのあるユニークな遊覧船です。
乗船料1600円で、ボートタイプではないので波が大きな日でも、洞窟の近くまで運航してくれる上、呼子大橋などの近隣の海上観光スポットも観賞できるそうです。
荒波で有名な玄界灘ですから、洞窟の中までは入れないこともあるそうですが、波が高くなければ、2~3つほどの異なる洞窟の中に入れます。
横幅が広いものから、狭く長い洞窟まで形状は様々です。
もう1つの観光する方法として、「七ツ釜」の上には、歩いて観賞できる玄海国定公園があり、遊歩道が整備された散策コースや、座ってゆっくり眺められる展望台が用意されています。
展望台から見下ろした「七ツ釜」は、波が洞窟にぶつかり、美しく砕け散る迫力ある様子を楽しめるそうです。
「七ツ釜」を周遊するように設けられた遊歩道は、断崖の先端にある展望台へと続いています。
柱状節理もじっくり観賞でき、詳しい説明も書かれています。

七ツ釜/佐賀県
観光スポットから見た「七ツ釜」です。
左側の柱状節理は、垂直に立ち上がっていて、自然にできたものとは思えないくらいの均一性があります。

 
この写真で、一番右にある洞窟が一番最大で、間口と高さが約5m、奥行110mだそうです。
遊覧船などで神秘的な洞窟の中に入り、間近で観賞することができます。

 
遊覧船は、「七ツ釜」の洞窟の中へと進んでいきます。
全く一定ではない柱状節理の岩石を間近で見ることができます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR