大分県、緒方平野の真ん中にある「原尻の滝」

大分県豊後大野市緒方町原尻の大野川水系緒方川にある「原尻の滝」を紹介します。

「原尻の滝」(はらじりのたき)は、大野川の支流である緒方川の水流によって阿蘇の溶結凝灰岩が崩落してできた滝で、市名勝に指定され、日本の滝百選にも選ばれています。
緒方平野の真ん中に突如現れた、幅120m、高さ20mの滝です。
別名では「東洋のナイアガラ」とも称されているそうですが、確かに形状はよく似ています。
平野に位置するため気軽に立ち寄ることができ、間近で滝を見ることが出来るそうです。
滝を形造っている岩は、先に述べた溶結凝灰岩大きな一枚岩だそうで、9万年前の阿蘇山の大噴火によって起きた火砕流によりもたらされたそうです。
火砕流は冷えて固まる際、収縮し多くの亀裂を生みました。
この亀裂は縦方向にのび、柱を並べているように見えることから「柱状節理」と呼ばれ、この滝の大きな特徴になっています。
そして、滝上から滝つぼを見下ろす崖の縁まで容易に近づくこともできるそうです。
そして、滝つぼには、節理に従って崩落した凝灰岩が多数見られ、滝ができる過程を実際にふれることができる場所となっているそうです。
滝の上流には、緒方平野左岸を灌漑する緒方上・下井路(用水路)取水口や、平野の右岸を灌漑する三区井路の取水口が設けられています。
また滝の約500m上流には、1923年(大正12年)に建造された、緒方川を渡るための5連のアーチ式石橋の「原尻橋」が建設されています。
滝の右岸には、一宮八幡社、二宮八幡社が設けられ、左岸には三宮八幡社が設けられており、年に一度、三社の祭神が集う「緒方三社 川越しまつり(市指定無形民俗文化財)」が滝上の川岸で行われます。
御輿が渡る川中には、神の道として鳥居が立てられています。
川越しまつりは、緒方三社建立の発願者である豊後武士「緒方三郎惟栄」を慰霊するもので、彼が手がけたとされる緒方下井路の取水口にも御輿が入ります。
そして、滝の下流には木造の吊り橋「滝見橋」が、また、すぐ上流には沈下橋がそれぞれ架けられており、これらの橋を通って滝の周りを一周する遊歩道も整備されています。
また、滝壺の岸まで降りたり、滝壺をボートで遊覧することもできるそうです。
滝のすぐ下流左岸には、「道の駅原尻の滝」があり、滝を見学する際にはその駐車場が利用可能だそうです。
「原尻の滝」周辺の水田には、休耕期に約50万本のチューリップが植えられ、開花期の4月に緒方チューリップフェスタが開催されています。

「原尻の滝」の画像検索結果
まさに小規模な「ナイアガラの滝」です。
日本の滝は、渓谷に多いので、自然にできた滝で、このような平地の中にある形状の滝はほとんど見ることができません。

「原尻の滝」の画像検索結果
右側から写した写真ですが、少し雰囲気が違って見えます。

原尻の滝2
この写真は、ちょっと水流が少ないのですが、水流が多い時は、100m以上の水のカーテンができて、まさに圧巻だそうです。

原尻の滝11
これが川の中の鳥居です。
滝の右岸には一宮八幡社と二宮八幡社が設けられ、左岸には三宮八幡社が設けられています。
年に一度、三社の祭神が集う「緒方三社川越しまつり」が原尻の滝上の川岸で行われます。
御輿が渡る川中には、神の道として鳥居が立てられています。
緒方三社川越しまつりは、緒方三社建立の発願者である豊後武士・緒方三郎惟栄を慰霊するもので、彼が手がけたとされる緒方下井路の取水口にも御輿が入ります。

原尻の滝16
滝の下流には木造の吊り橋「滝見橋」がかかっています。
「原尻の滝」の目前なのでよく見えます。
竣工は、1992年3月で、橋長90m、標高約170mです。 
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR