竹原ピストルの「東京一年生」

竹原ピストルという歌手がいます。

ある時に、NHKの番組に出て歌っていました。
だみ声で、汗をいっぱいかいて、そして横にタオルを置いて、拭きながらライブをやっていました。
その必死さと、そしてぎりぎりを生きているような歌詞に感動して聞いていました。
高田渡ファンの私にとっては、高田渡とは全くと言っていいほど似ていないその音楽ですが、泥臭さは一緒でした。
竹原ピストルの代表曲の「東京一年生」を紹介します。

左手で描いた似顔絵のよう あやふやな旅支度
体のこっち側にかいた汗が薄まっていくような気がして
お水がおいしい朝 お水だけがおいしい朝
暮らしづらいのは街のせいじゃない
暮らしづらいのは大丈夫 夢があるからさ

お尻から生えたスケジュール帳
私の長所は 過去はすべて汚点だと思えるところ
私の短所は 過去はすべて汚点だと思ってしまうところ
いずれにしてもまるで赤の他人の胴体を踏みつけるかのように白々しく
今日も汚して歩くんだ 今日を汚して歩くんだ
暮らしづらいのは街のせいじゃない
暮らしづらいのは大丈夫 夢があるからさ

ときに高値をつけられ ときに安値をつけられ
手垢をかぶって とっかえひっかえのたらい回し
燃やされて 燃やし尽くされて 跡形も無くなるまで
古本屋に満ちた いたたまれなさ
つまり そんなものだよ
暮らしづらいのは街のせいじゃない
暮らしづらいのは大丈夫 夢があるからさ

タバコ自体が無いってなら
まぁしょうがないかなって思えるんだ
堪え難いのは タバコはあるのに火が無いときだよ
マッチ一本欲しさに寄り集まるんだよ
うすら寒い愛想笑いを張りつけて 寄り集まるんだよ
暮らしづらいのは街のせいじゃない
暮らしづらいのは大丈夫 夢があるからさ

今年何度目だよ? と見上げた頬にまた雪が跳ねる
ピカピカのギターケースをぶら下げてそわそわと あれは東京一年生かな?
例えば人ごみが息苦しかったなら まずは自分が消えることだよ
さもなくば 窒息するまで歌いきるんだ
暮らしづらいのは街のせいじゃない
暮らしづらいのは大丈夫 夢があるからさ
がんばれがんばれ!! 東京一年生!!


東京に出てきて、戸惑っている様子を竹原ピストルなりの前向きの表現で歌にしています。
東北あたりを主にライブをしているようですが、ぜひ四国にも来てほしいものです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR