香川県にあるランプロファイア岩脈

香川県東かがわ市にあるランプロファイア岩脈を紹介します。

香川県東部に位置する、瀬戸内海に突き出た鹿浦越岬(かぶらごしみさき)がありますが、ここに、ランプロファイア岩脈があります。
ランプロファイア(lamprophyre)は、全自形粒状の組織を呈する塩基性の火成岩で、煌斑岩(こうはんがん)とも呼んでいます。
斑岩やひん岩と異なり、斑晶が角閃石や輝石などの有色鉱物で、アルカリ岩質のものが多いのですが、非アルカリ岩質のものもあり、岩脈として産しています。
花崗岩中の節理(引張割れ目)が生成された時に貫入したもので、日本では、閃緑ひん岩岩脈とも呼ばれていました。
ランプロファイアは花崗岩との境界面付近が細粒(冷却周縁相)となっていることから、ランプロファイア岩脈が花崗岩に貫入したことが分かります。
ランプロファイアの年代は報告されていませんが、花崗岩類より少し後の白亜紀後期と思われます。
見た目には、鮮やかな白黒の美しいストライプ模様の岩壁です。
ただし、白色は花崗岩で、黒色がランプロファイア岩脈です。
白色の花崗岩に割れ目ができた時に、黒色のランプロファイアが入り込んで岩壁が形成されたそうです。
縞模様のランプロファイア岩脈は見た目にも美しく、鹿浦越岬のランプロファイア岩脈は、1942 年(昭和17 年)に国の天然記念物に指定され、世界的にも珍しい岩脈だそうです。
近くには、駐車場(5台)と遊歩道があり、そこから干潮時には、ランプロファイヤ岩脈のそばまで、歩いていくことができるそうです。

ランプロファイヤ岩脈
最後は道が途切れ、大小の岩が混じった岩礁を慎重に歩いていくと白黒のストライプ模様が入ったランプロファイア岩脈が目に飛び込んできます。
今は、満ちてきたところなので、歩きはここまでです。


断崖一帯は満潮時には海水面が上昇して、歩いていくことができないそうです。
干潮(引き潮)の時間帯のみ見られる景色です。


上の写真のクローズアップです。
ランプロファイア岩脈の厚さは、2cm程度から2mに達するものまであります。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR