奄美大島の「瀬戸内」

奄美大島には「瀬戸内町」、「高知山」などの地名があります。

「瀬戸内町」は、奄美大島の南部に位置し、加計呂麻島、請島、与路島という、奄美大島を含めて四つの島に点在する、大小56の集落(当地では「シマ」と呼ばれています)から成る自治体です。
この町名は、昭和31年に古仁屋町(こにやちょう)、西方村(にしかたそん)、実久村(さねくそん)、鎮西村(ちんぜいそん)の合併によって誕生しました。
合併前まで、この「瀬戸内」なる呼称は、宇検村の一帯も含めて「瀬戸内五カ村」とも用いていたことから、すんなりと反対意見なく決定したそうです。
私は、松山生まれなので、「瀬戸内」と聞くと「瀬戸内海」が浮かんできます。
奄美大島で、「瀬戸内」が使われているのはどうしてなのでしょう。
実は、この一帯を「瀬戸内」という言い方は古くからあったそうです。
加計呂麻島の須子茂に伝わっていた1595年(奄美諸島が琉球王国の支配下にあった頃)の古文書には、「せんとうち」という地名の呼称が平仮名書きで見えています。
したがって、「瀬戸内」という呼称は、「瀬戸内海」を真似て創られた地名ではないそうです。
もしかすると、波おだやかな海をさした言葉として、かつての琉球では、「せとうち」、「せんとうち」なる言葉を使っていたのかも知れません。
奄美大島と加計呂麻島との間には、大島海峡がありますが、この海峡は別称として、「瀬戸内」と呼ばれているそうです。
「瀬戸内」の由来は、ここから来ているのかも知れません。

「瀬戸内町」は、1936年(昭和11)古仁屋(こにや)町として町制施行し、1956年(昭和31)西方(にしかた)、鎮西(ちんぜい)、実久(さねく)の3村と合併します。
山地が海に接するリアス式海岸で湾奥に集落が散在し、第二次世界大戦中は軍港としてにぎわい、要塞司令部もあったそうです。
地質は、全域を通じて古生層で、基盤岩は、砂岩、粘板岩、輝緑凝灰岩等で、一部に石灰岩もあります。
国道58号が通じ、奄美市街地や奄美空港とを結び、奄美航路の定期船が古仁屋港に寄航します。
また、町営・民営のフェリーボートや定期船が古仁屋と各集落とを結んでいます。
産業としては、サトウキビ、畜産、紬(つむぎ)、水産養殖などが行われていますが、過疎化が著しくなっています。
大島海峡は奄美群島国定公園に指定されています。
加計呂麻島の諸鈍(しょどん)に伝わる「諸鈍芝居」は国指定重要無形民俗文化財です。
2010年の国勢調査では、人口9874人です。

「瀬戸内町」には、「高知山」があります。
「こうちやま」の名前の由来は不明だそうですが、元々、奄美大島の各所に山の地名としてみられる「タカバチヤマ」という呼び名であったものが漢字表記されるとともに、それが音読みされたことに由来するのではないかという説があります。
「高知山」には展望台があり、瀬戸内町一帯を一望できる絶景地です。
どうも、四国とは特に関わりはないようです。


「瀬戸内」と呼ばれている大島海峡です。
加計呂麻島(かけろまじま)の東端にある安脚場戦跡(あんきゃばせんせき)は、太平洋戦争中に旧日本海軍が泊地としていた大島海峡を防衛するための施設が置かれていたところです。
安脚場は、もともとは1920年(大正9年)頃から旧日本陸軍が砲台を設置していましたが、1941年(昭和16年)から海軍によって砲台として整備されて利用されるようになりました。
この際に大島海峡東端に設置した防潜網や管制機雷を遠隔操作する金子手崎(かねこてざき)防備衛所が建設されました。
戦後、連合軍によって武装解除を受けたが、今でも弾薬庫や防備衛所の建物が残存していて、現在は公園として整備されています。
愛媛県でも、「瀬戸内海」の小島に、1902年(明治35年)旧日本陸軍が砲台を設置していました。
設置時期もよく似ています。


奄美南部の瀬戸内町を一望できる「高知山」展望台です。
古仁屋(こにや)と阿木名(あぎな)を結ぶトンネルに入らずに旧道の地蔵峠を登っていくと「高知山」展望台と油井岳展望園地に行くことができます。
「高知山」展望台は駐車場から少し森の中の遊歩道を歩き、階段を登ってしばらく歩くと展望台が現れます。
らせん状の階段を登るごとに視界が広がります。
「高知山」の展望台に立つと、大島海峡を東から西まで、加計呂麻島を全部見渡すことができます。
第二次大戦末期の話ですが、戦局が悪化していったことで、それまで古仁屋に置かれていた防備の中心は、陸軍は徳之島へ、海軍は喜界島に、それぞれ滑走路を建設するために移っていったそうです。
そうしたなか、古仁屋の基地は、「高知山」の山手付近に移転していったそうです。
その具体的な場所についてまだ未調査ですが、およそ現在の展望台のある広場近辺ではなかったかとみられています。


金子手崎(かねこてざき)防備衛所は、1931年(昭和16年)に構築された施設で、戦時中大島海峡に潜水艦の進入を防ぐための防潜網並びに、機雷等を布設し、潜水艦の接近を監視し、更に進入した場合、機雷を爆破させる施設で、これ等はすべてこの防備衛所でコントロールされていました。


弾薬庫跡です。
この山頂には、1920年(大正9年)頃から旧陸軍の砲台が設置されていました。
その当時は砲弾の格納庫として構築されましたが、1931年(昭和16年)に旧海軍の砲台が設置されていから旧海軍が砲、高角砲の弾薬庫として活用しました。
この施設も、「瀬戸内海」にある小島の弾薬庫跡とよく似ています。 


「瀬戸内町」の地図です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR