天橋立の形成についてと、松並木

日本三景の一つである天橋立を紹介します。

天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と、内海の阿蘇海を南北に隔てる湾口砂州で、全長3.6kmにも及んでいます。
形成についての詳細には諸説あります。
一説には、2万年前に宮津湾が完全陸地化して後、約7〜8千年前に氷河期が終わって海面上昇が落ち着くなか、当初水中堆積で発達が始まり、縄文時代の後氷期(完新世、約6千年前)に急速に成長し、2〜3千年前に地震により大量に流出した土砂により海上に姿をみせ、有史時代に現在の姿にまで成長したとされています。
砂嘴の幅は20mから最長170mに達し、公路となっています。
成形の過程は、宮津湾の西側沿岸流により砂礫が海流によって運ばれ、天橋立西側の野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかることにより、海中にほぼ真っ直ぐに砂礫が堆積したことによるものだそうです。
日本では、外洋に面さない湾内の砂州としては唯一のものであり、この一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がっています。
この松は、人の手により植林されたものではなく、大部分が自然発生的に生えたものだそうです。
天然の道ともいえる天橋立には、「日本の道100選」にも選定された京都府道天の橋立線が走っており、主に観光の散策路となっています。
「丹後風土記」によると、その昔、天への架け橋といわれてました天橋立はイザナギ、イザナミ の神が天への上り下りに使われた浮き橋であると言われ、ある日イザナギノミコトが昼寝を している間に倒れて天橋立となったという神話が残っています。

P5050057.jpg
ケーブルカーに乗って、途中で天橋立を写しています。
ケーブルカーは、5分おきに60人ほどを乗せて展望台へと向かっています。
単線なのに、何故こんなに稼動がいいのか不思議でしたが、ケーブルカーが交差するところだけ複線になっていました。

P5050061.jpg
展望所から見た天橋立です。

P5050065.jpg
松並木です。
約8,000本の松林がまだ生き生きとしていた感じには見えました。

P5050069.jpg
宮津湾側の白い砂浜です。
波は穏やかでした。

海流(かいりゅう)を示す図
海流を示す図です。
今から約4000年前、世屋川をはじめとする丹後半島の東側の河川から流出した砂礫が海流(上図の赤色の線)により流され、野田川の流れからくる阿蘇海の海流(上図の黄色の線)とが、ぶつかったことにより、江尻側よりほぼ真っ直ぐに砂礫が海中に堆積しできたものといわれています。
一説には地震説もありますが、いずれにせよ、こんな状態で砂嘴ができるのは不思議です。
砂嘴(さし sand spit)とは沿岸流により運ばれた漂砂が静水域で堆積して形成される、嘴 (くちばし) 形の地形のことです。
天橋立は、両端がくっついていますが、地震にしても、海流の動きにしても、このような地形ができるのはよっぽど海流が早くないと無理だと思うのですが、いったいどういう形成のされかたをしたのでしょうか?
そして、天橋立に、自然の松並木がぎっしり植わっているのもまた不思議です。

天橋立の松の状態(じょうたい)
現在の天橋立の松林はあまり良い状態ではないそうです。
本来白砂でなければならない砂は、下草でいっぱいになって、松は弱々しい状態なのだそうです。
現在の天橋立は、腐植土などの栄養がたっぷりの土がありすぎて、そのことにより、松以外の植物が育ちやすい環境になっているそうです。
そして、松自身も根があまり育たなくても十分栄養をとることが出来るため根元がしっかりしておらず、幹ばかりが高く育ってしまい、バランスの悪い状態になっているそうです。
平成16年の台風23号の際には、松が根から倒れる例が多くあったそうです。
私が歩いた感じでは、たしかに倒れている松も見かけましたが、全体としては、まだ生き生きとしていたようにはみえましたけれど。

雪舟が書いた国宝「天橋立図」
画家の雪舟が書いた天橋立図です。
国宝に指定された有名な図ですが、この図はまだ端と端がくっついてはいません。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR