今日は、八十八夜

今日は、八十八夜です。

八十八夜(はちじゅうはちや)は「雑節」のひとつで、立春から数えて88日目です。
もともと、太陰暦がベースである日本の旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、太陽暦をベースとした雑節としておこり広まったものだそうです。
「雑節」は、立春や啓蟄、春分といった「二十四節気」を補完するもので、一般に「雑節」と呼ばれるのは、次の9つです。
・節分
・彼岸
・社日
・八十八夜
・入梅
・半夏生
・土用
・二百十日
・二百二十日
これに、初午・三元を元にした上元(前半年の最初の望月、小正月)、中元(3番目の四半年の最初の望月、盂蘭盆)、下元(4番目の四半年の最初の望月)、大祓を加える場合もあるそうです。
では、なぜ立春から数えて八十八日目をこう呼ぶようになったのでしょう。
それは、農業に従事する人びとが多かった昔の日本社会で、ちょうどこの頃が種まきや田植えの準備、茶摘み、蚕のはきたてなど春の農作業を行う時期にあたっていたからだそうです。
八十八夜の数日後には二十四節気でいう「立夏」になることもあり、昔の人びとはこの時期を「夏の準備を始める目安」ととらえていたそうです。
このように、八十八夜は春から夏に移る節目の日で、夏への準備をする決まりの日とされてきました。
「八」の字は、「末広がり」の姿をしていることから、幸運を呼ぶとされてきました。
その「八」の字が二つ重なった「八十八夜」は、それだけに縁起のいい日と考えられていました。
また、「八」「十」「八」の3つの字を組み合わせると「米」という字になるため、とくに農業に携わる人びとに大切にされてきたのだと言われます。
しかし「八十八夜の忘れ霜」「さつき寒」とも言い、急に気温が下がって霜が降り、農作物や果樹に思いがけぬ被害を与えることを警戒した言葉もあります。
「霜なくて曇る八十八夜かな」
これは、正岡子規の句ですが、現在でも、農家では霜除けのよしずを取り払ったり、苗代の籾巻きを始めたり、というならわしを行っているところが多く、天然自然の暦に則って季節を迎えることが無病息災の祈りだった古人の知恵を受け継いでいるところも数多く見られます。

【茶摘】
夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは 茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠
日和つづきの今日此の頃を 心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ 摘め摘め 摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ

八十八夜とお茶が結びついたのは、上の茶摘みを歌った唱歌の影響も大きいようですが、実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なります。
新茶時期の出始めは、新芽を手で摘んだ上質なお茶が手摘み茶として、その後摘み取りのピーク時にはハサミ摘みや機械摘みとなります。
八十八夜に摘み取られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重されています。
茶摘み最盛期である八十八夜は、縁起を担ぐという意味合いと気候条件も含めてこの時期のお茶は極上だそうです。

八十八夜の歌は、私にとっては「茶摘」よりも思い出があるNSPの「八十八夜」という歌があります。
【八十八夜】
引き出しの中からあの人の写真 みんな捨ててしまったはずなのに
今はもう黄ばんでしまっていて 泣き顔か笑い顔か判らない
あの人の思い出にピリオドを打って 明日嫁ぎます
もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる
もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる
こんな夜にあの人の電話 遠くで懐かしさが話しかける
本当はあの人に手を引かれ 一緒の人生を歩きたかった
昨日までのあの人を忘れられないのは 私の弱さでしょう
もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる
もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる
写真が黄ばむようにあの人とのことも 色あせて行くのかしら
もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる
もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる
あの人の思い出にピリオドを打って 明日嫁ぎます
もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる
もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる

寂しげな歌ですが、季節の変わり目の八十八夜が近づき、決心する女性の心の中を歌ったものですが、八十八夜の意味さえ知らない頃だったので、「なぜもうすぐ暖かくなるのかな?」とか、不思議に感じながら聞いていました。
ちなみに、前述した「八十八夜の別れの霜」にちなみ、バレンタインデーから88日後の5月13日頃を「メイストームデー」と制定し、カップルが別れを切りだすのに縁起の良い日と言われています。
「八十八夜の別れの霜」ですが、幾つかの都市の遅霜の記録を調べてみると次のようになります。
・鹿児島  3/11(4/22)
・福 岡  3/21(5/11)
・京 都  4/09(5/19)
・大 阪  3/19(5/06)
・名古屋  3/29(5/13)
・東 京  3/13(5/16)
・仙 台  4/18(5/20)
・札 幌  4/25(6/28)
最初の日付が、毎年の遅霜の日付の平均で、後の()内の日付はその都市で最も遅い遅霜の記録日です。
()内の記録的な遅霜は特別と考えれば、八十八夜以降には霜が降りないといっても間違いはなさそうです。
したがって、八十八夜は、一年を大きく夏と冬に分けるとすると、八十八夜から先は夏の領分ということになりそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR