FC2ブログ

河川からの水

地上に降った雨は時間をかけて海に到達します。
この時間が意外に長いことは地下水の調査のところで説明しましたが、この到達時間が長ければ長いほど水を有効に使えることになります。
しかし、日本の地形は急峻な山々が海に迫っているため、河川は急勾配になっています。

河川では年間の最大流量と最小流量との比を河況係数と呼んでいますが、この河況係数が小さいほど水資源が有効に使われることになります。
ここで、日本の河川と世界の河川とを比較すると、日本の河川のほうが一桁くらい大きくなっています。
集中豪雨時に河川に流れる最大流量は世界の河川に匹敵するくらい多いのですが、渇水時での最小流量が極端に少なくなり、したがって水資源としての活用は非常に難しいものとなっています。

日本では、このような不安定な水資源をより有効に使うために、私たちの先祖は水田での稲作を始めました。
水田に水を蓄えることにより自然のダムと化して、洪水流量の緩和や地下水の保全など多くの水資源確保に貢献しています。
しかし、近年では降雨の量や時期の不安定性、水田面積の減少や都市部への人口集中、雑木のかわりに杉やヒノキなどの針葉樹を植えたことによる保水力の減少など、われわれの水資源は常に危機状況です。

この問題を解決するために日本ではダムの建設が行われてきました。
しかし、地形や地質がダム建設に適さないところが多いため、その建設費は世界一です。
また、日本は飲料水は直接輸入はしていませんが、(ミネラルウォーターは除きます)多くの食料は輸入しています。
食料の生産には多くの水が必要なので、間接的に水を輸入しているのと同じことになっています。

日本では昔から水による争いが絶えません。
水利権は公共の河川でもため池でもあるため、勝手に水を引くことは出来ません。
これからの時代はもっともっと水不足になります。
この水不足を解消するために、公共的にはどうしたらいいのか?
私たち個人はどのような心がけが必要なのか?
考えていかないといけないですね。


株式会社NTO
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR