地質用語(62)

地質用語及び関連用語をまとめてみました。
前回に引き続き、(こ)から始まる用語です。

・神津俶祐 (こうずしゅくすけ)
神津 俶祐さんは、1880年6月5日~1955年2月11日の日本の岩石学者、鉱物学者です。
長野県生まれで、東北大教授になっています。
日本に近代岩石学を導入し、日本岩石鉱物鉱床学会・日本火山学会などの設立に貢献しています。
岩石学を専攻し、多くの造岩鉱物を研究し、月長石のX線による研究は有名です。
なお、1969年岩手県田野畑鉱山(田野畑村)で発見された新種の角閃石には神津閃石の名が献名されています。
・神津閃石 (こうずせんせき)
神津閃石( Kôzulite)は、1969年に発表された新鉱物で東北大学の鉱床学者南部松夫さんなどにより、岩手県の田野畑鉱山で発見されました。
化学組成はNaNa2Mn4(Fe3+,Al)Si8O22(OH,F)2で、単斜晶系です。
角閃石の一種で、東北大学の岩石学者・鉱物学者であった神津俶祐の業績を記念して命名されました。
2012年の角閃石グループの呼称の改訂により、この鉱物の学名は Mangano-ferri-eckermannite となりましたが、和名として神津閃石を用いることは差し支えないとされています。
・恒星 (こうせい)
恒星とは、太陽と同じように核融合反応によって自分自身で光り輝いている星のことを言います。
これに対して、惑星とは、恒星の周りを周る天体のうち、自分自身で光っていない天体のことです。
・坑井、鉱井 (こうせい)
坑井(well)は、鉱井とも言い、比較的小さな径の穴を主として鉛直方向に掘ったものの総称です。
地下の地質や鉱物などのサンプルを取る目的であったり、地下水をくみ上げる目的であったりで、坑井の径の大きさや深度,掘削方法に違いがありますが、石油や天然ガスを採収することを目的とする坑井が最も規模が大きく、通常数千mの深度であり、ときには1万mに近いものも掘られています。
地球物理学上の調査を目的とした坑井では1万mを超えるものもあります。
・合成海岸線 (ごうせいかいがんせん)
合成海岸線とは、沈水、離水、中性海岸線のうち、二つ以上の組み合わせによって形成された海岸線のことです。
・後生鉱床 (こうせいこうしょう)
後生鉱床(epigenetic deposit)とは、既存の岩石中に、後の時代の鉱化作用により生成した鉱床のことです。
鉱床を胚胎する岩石(母岩)が生成した時代と、鉱床そのものが生成した時代との関係により、鉱床を2大別したうちの一つで、同生鉱床の対語です。
既存の岩石の割れ目や断層に沿って生成される鉱脈鉱床や、既存の岩石と反応したり、これを溶解したりして生成される交代鉱床などが代表的な例です。
日本では、黒鉱鉱床、キースラーガー(層状含銅硫化鉄鉱床)、層状マンガン鉱床などが、かつて後生鉱床と考えられていましたが、研究の進展により現在これらはいずれも同生鉱床と考えられています。
後生か同生かは単に学問的に重要であるばかりでなく、鉱床の形や広がりに関係しているので鉱床探査の面でも重要な意味をもっています。
・合成鉱物 (ごうせいこうぶつ)
合成鉱物は、人造鉱物、人工鉱物とも言い、天然産鉱物と同じ物理・化学的性質をもった合成物のことです。
現在ではコランダム,水晶,雲母,ダイヤモンドなどの有用鉱物が実験室または工業的規模で相当量合成されており、純研究目的で複雑な鉱物も合成されています。
ただし、正確な定義はなく、塩,氷砂糖,種々の有機結晶は合成鉱物とは呼んでいません。
・恒星時 (こうせいじ)
恒星時(sidereal time)とは、春分点の見かけの日周運動によって計られる時間です。
春分点の日周運動は恒星の運動とほとんど同じですが、春分点は歳差によって恒星に対して動くため、両者は完全に同一ではありません。
・合成地震動記録 (ごうせいじしんどう・きろく)
合成地震動記録( synthetic seismograph)とは、速度検層と密度検層(または速度検層のみ)から作成される人工的な反射地震記録で、一般に速度と密度から求められる反射係数と波形要素のコンボリューションとして計算されます。
速度変化に比較して密度変化が十分に小さいときには、速度検層だけから作成されることも多く、波形要素としては震源波形や地層のフィルター効果、観測系の総含特性、データ処理過程で使用されるフィルターなどが考慮されます。
実際の反射地震記録と対比することによって特定の地層境界からの反射波の識別、層厚と岩相変化の推測、一次反射と多重反射の判別、データ処理効果の判定などが行われます。
・広生性 (こうせいせい)
広生性とは、環境要因の変動について、適応性の広い生物の性質のことです。
・後成説 (こうせいせつ)
後成説とは、生物の発生に関する仮説で、卵には幼生や胚の元になる構造が初めからあるのではなく、次第に作り上げられるものであると説くものです。
前成説に対して唱えられ、次第に認められました。
・合成扇状地 (ごうせいせんじょうち)
合成扇状地とは、地殻変動や気候変化、さらには河川の浸食基準面となる海面の変動などによって、扇状地の形成条件が変化した場合には、前の扇状地の上に、新たな扇状地が積み重なってできることを言います。
・後生双晶 (こうせいそうしょう)
双晶(twin)とは、特定の方位関係と境界面をもつ2つ以上の単結晶から成る結晶のことで、後生双晶となると母岩の生成後に生じた結晶ということになります。
・坑井柱状図 (こうせいちゅうじょうず)
坑井柱状図とは、坑井のカッテイングおよびコアの岩相、化石調査の結果や掘進時の記録に基づき、坑井内の岩相、地層区分、化石産状および化石帯、あるいは油、ガス徴などを記号を用いてその坑井の深度にしたがい表現した柱状図のことです。
・恒星天文学 (こうせいてんもんがく)
恒星天文学( stellar astronomy)は、恒星の天球上での分布,距離,運動,物理的・化学的諸特性の間の相関関係を統計的手法で解析し、サンプル星の諸特性を統計的に推測する天文学の一分野のことで、恒星統計学とも言います。
恒星のヘルツシュプルング=ラッセル図,恒星の質量・光度関係,恒星までの距離を推定するための永年視差および分光視差,ケフェイド変光星の変光周期・絶対光度関係,恒星のスペクトル型・速度分散関係,太陽運動,銀河回転などはすべて恒星に統計学を適用して見いだされたものです。
・後生動物 (こうせいどうぶつ)
後生動物 (Metazoa)は、原生動物以外のすべての動物の総称で、中生動物,側生動物,真正後生動物に分けられています。
多細胞動物ですが、単なる細胞の集合体ではなく、胚葉や組織の分化が種々の器官の形成に役立っていて、高等な体制を保持しています。
・恒星日 (こうせいび)
恒星日(sidereal day)は、こうせいじつとも言い、春分点が南中してから再び南中するまでの時間、もしくは春分点の南中をもって数えられる日数のことです。
太陽が黄道上を順行するため,平均太陽日よりわずかに短く、23時間 56分 4.09秒となります。
厳密にいえば春分点が逆行するため、地球の恒星天に対する1自転よりもさらに 0.009秒だけ短くなります。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR