古城のような観音寺市の豊稔池堰堤

香川県観音寺市の豊稔池堰堤を紹介します。

豊稔池堰堤(ほうねんいけえんてい)つまり、豊稔池ダム(ほうねんいけダム)は、現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムです。
2006年(平成18年)、国の重要文化財(建造物)に指定されています。
指定名称は「豊稔池堰堤」で、命名は、香川県出身で大蔵大臣などを歴任した三土忠造さんだそうです。
豊稔池堰堤の規模は、
・堤高 - 32.3m
・堤頂長 - 158.4m
・堤体積 - 21,000m3
・総貯水容量 - 1,590,000m3
・有効貯水容量 - 1,590,000m3
・流域面積 - 9.9km2
・湛水面積 - 16ha
・利用目的 - 灌漑
豊稔池堰堤は、讃岐山脈から流れ出る柞田川を上流で堰き止め、柞田川の左岸に広がる水田を潤しています。
度重なる大旱魃への対策として1926年(大正15年)に着工され、1930年(昭和5年)に完成しました。
施工業者は、豊稔池土地改良区で、このとき、地元住民による組合が部分請負をして工事にあたり、延べ15万人による人海戦術により、たった3年8カ月の短期完成を実現するという地元一体となって成遂げられた公共事業だったそうです。
築堤材料と建設労力のほとんどが地元で、石材は付近の谷で採取し、砂は豊浜、観音寺から馬車で運んだそうです。
県営工事なのですが、実質的には地元民が施工し、数名の技師の指導で、夜講習会を開いて技能者を養成したそうです。
後に、清水建設とフジタによるダム補修工事によって上流部はコンクリート補強されていますが、下流部には当時の古い石積みが現存しています。
多連式アーチダムとしては、宮城県仙台市の大倉ダム(二連式)を含め、全国に二つしかなく、当時アメリカで最新技術であったマルチプルアーチが適用されるなど土木史、ダム技術史を語る上においても貴重な建造物だそうです。
この堰堤によって形成された人造湖は豊稔池として2010年(平成22年)3月25日に農林水産省により「ため池百選」に選定され、湖畔には「豊稔池遊水公園」が整備されています。
現在も、豊稔池からは約530haの灌漑を行っており、「大野原は月夜に焼ける」と詠われり、旧大野原町の大野原音頭では「……里をうるおす豊稔池の、石積堤は城のよ~う、城のよう……」と歌われて、豊かな大野原平野を潤している水源です。

豊稔池堰堤
山あいに凛とそびえる豊稔池堰堤は、まるで中世ヨーロッパの古城のような絶景です。
水不足を解消するために作られたこの堰堤は、延べ15万人による人海戦術で、昭和初期に3年8カ月の期間をかけて造られた当時の姿を今に保ったままです。
これだけ古風だと、特に周囲の山並みと調和していました。

豊稔池堰堤
午後は逆光になるので、撮影は午前中がいいそうです。
満水時には自然放水されています。

豊稔池ゆる抜き
田植えの時期には、地上30mの堤からの放水や、「ゆる抜き」行事(毎年7月中旬から下旬)の際には、そのヨーロッパの古城を思わせる概観と勢いよく流れ出る放水の絶景に多くの観光客が訪れています。
豊稔池の「ゆる抜き」(いわゆる放流のことです)は、下流にある井関池の貯水量が3割を切ったころを目安に行われるそうです。
上の写真はこの「ゆる抜き」の写真ですが、この行事は季節の風物詩として知られ、轟音とともに堰堤の中樋(なかび)とよばれる樋門から毎秒約4トンの水が放水される景色は壮観だそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR