ナミブ砂漠のデッドフレイの奇異な景観

ナミビアのナミブ砂漠にあるデッドフレイを紹介します。

まず、ナミブ砂漠はナミビアの大西洋側にある砂漠でおよそ5万k㎡の広さがあり、約8000万年前に形成された世界最古の砂漠と言われています。
オレンジ色の砂で満たされたナミブ砂漠の中に、ぽっかりと地表が渇いた盆地が存在しています。
これが、デッドフレイ(Deadvlei)と言って、ナミビアの大西洋沿いに南北約1,300kmにわたって広がるナミブ砂漠の深部で、ナミブ・ノークラフト国立公園内にあります。
現地の言葉で「死の沼地」を意味しており、干上がった沼地と朽ちた木々が独特の景観を作り出しています。
ここにはかつてツァウチャブ川の洪水により沼地が形成されました。
その後の気候変動で沼の水が全て干上がってしまい現在のような状態になったそうです。
あまりに乾燥した気候のため、木は微生物によって分解されることもなく、ひび割れた白い地面に、900年前に枯れてしまった木々が砂漠の真ん中に存在しています。
死の砂漠ではありますが、地下にはまだ水分が残存しているため、動物や昆虫はこの地によく集まってくるみたいです。
そして、デッドフレイを有名にしたのは、この世のものとは思えないこの奇異な景観です。
奇異な景観と言うか、まるで絵のような光景と言うか、その美しさが最も増すのが日の出前のひとときだそうです。
燃えるような朝の光が周囲を金色に染め、陰ったままの銀色の大地と、それらを背景に枯れ木のシルエット浮かび上がってきます。
神秘的な光景を確かめてみたい人には、おすすめの絶景スポットです。
デッドフレイへの行き方としては、まずナミビアの首都ウィントフックへ向かいます。
日本からは直行便がないので、香港やドバイで乗継ぎ、南アフリカのヨハネスブルグへ入ったあと、ヨハネスブルグからウィントフックまでは南アフリカ航空で移動しないといけないそうです。
ウィントフックからナミブ砂漠まではレンタカーを借りて車で行くか、現地のオプショナルツアーに申し込む必要があるそうで、大変な旅になりそうです。

デッドフレイ
デッドフレイの看板があり、ここから1.1kmと書いてあります。

ナミブ砂漠
このような大砂丘を、デッドフレイに向かってひたすら歩きます。

Deadvlei
雪のように白くなっている部分がデッドフレイです。
遠くからなら、枯れ木もほとんど見えません。

Deadvlei
まだ、朝日が昇りきってはいませんが、デッドフレイからの写真です。
コントラストが、一枚の「絵」になる瞬間は、空の青と、灼熱の太陽でもえる砂漠のオレンジと、干上がった沼地の黒、そして影になった枯れ木です。
本当に、絵画にしか見ない風景です。

デッドフレイ
時間と共にどんどん陽が差し込み、デッドフレイの風景も刻々と変わっていきます。
「沼」とは言っても「死の沼」というだけあり、完全に地盤が乾き石のように硬くなっているそうです。
その石のように硬い地盤に枯れ木だけが残されているのが不思議です。

Deadvlei
完全に日が昇ったときの風景です。
干上がった沼地は、黒から白に変わっていきました。
そして、背後の砂丘から朝日が昇りきると、もう、その風景は消えてしまうそうです。

デッドフレイ
これが、セスリムキャンプサイトから約1時間ほど走った場所にあるデッドフレイの地図です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR