コロンビアの大規模な地すべり

コロンビア南西部の都市モコア(Mocoa)で3月31日夜に大規模な地すべりが発生しました。

この地域は、数日豪雨が続いていたそうですが、31日の夜は特にひどく、130mmの豪雨だったそうです。
平均月間降水量が400mm程度なので、この約3分の1に相当する量が半日で降ったことになります。
国家災害危機管理局の局長であるカルロス・イバン・マルケスさんによると、土砂崩れはこの地域を流れるモコア川とその支流の水位が上昇し、氾濫したことが原因で発生したとのことです。
コロンビア軍によると、4月1日までに254人が亡くなり、約400人が負傷し、行方不明者も200人近くに達しているそうです。
この地すべりにより、家屋の他、橋や車両、樹木などが流され、コロンビア軍が撮影した被害地の映像には一面に大量の木材の残骸と茶色の泥が映し出されています。
フアン・マヌエル・サントス(Juan Manuel Santos)大統領は1日、救助活動指揮のため一帯に森林が広がるプトゥマヨ(Putumayo)県の県都モコアを訪れ、ツイッター(Twitter)で「激甚災害」を宣言しました。
最も大きな被害が出た地区の大半は、半世紀に及んだ内戦で住居を追われてきた人が住む貧しい地区だったそうです。
プトゥマヨ県のソレル・アロカ(Sorrel Aroca)知事は2日、地元ラジオ局に「地区が丸ごと消えてしまった」などと述べ、今回の災害はこの地域で「前例のない悲劇」との認識を示しました。
そして、現場には救助活動のため軍兵士や地元の警官を含む緊急要員1000人が動員されています。
でも、まだ人口約4万人の都市モコアは現在停電中で、水道も止まっているそうです。

columbia
大規模な地すべりです。
頭部がわからないので洪水みたいになっています。


この付近は、もともとが川なのか?
それとも、川ではないところにこんな巨石が流れてきたのか?
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR