史上最低気温を記録しているベルホヤンスクの異常高温

世界中で、異常気象が発生しています。

3月15日から3月21日の一週間の間では、東シベリア北西部〜西シベリア北部が異常高温、アメリカ中部〜メキシコ北西部も異常高温、オーストラリア東部は、異常多雨、オーストラリア南東部は異常高温でした。
中でも、「人が居住している地域」での最低気温(マイナス67.8℃)を記録しているシベリアのベルホヤンスクでの異常高温は驚きです。
ベルホヤンスクでの、16日の日平均気温が約-7℃でした。
平年気温が約-29℃なので、実に22℃も高くなっています。
まあ、それでも十分寒いのですが、最高気温は16日、19日は-2℃を超えたそうです。
また、西シベリア北部のディクソンでも、18日、20日の日平均気温が約-2℃(平年値:約-22℃)で、17日の日最高気温が-1℃に達したそうです。
世界一寒いところがこんな状態です。
ベルホヤンスクの観測史上最低気温は1885年と1892年に観測された極寒の地ですが、一方夏は30度を超え、記録では摂氏37度になった事もあるそうです。
そのうち、北極の氷が溶ける時が来るのかも知れません。

番号異常気象の種類地域
1高温東シベリア北西部〜西シベリア北部
  • 東シベリア北西部のベルホヤンスクでは、16日の日平均気温が約-7℃(平年値:約-29℃)で、16日、19日の日最高気温が-2℃を超えた。
  • 西シベリア北部のディクソンでは、18日、20日の日平均気温が約-2℃(平年値:約-22℃)で、17日の日最高気温が-1℃に達した。
2高温アメリカ中部〜メキシコ北西部
  • アメリカ南西部〜メキシコ北西部では、先週に引き続き異常高温となった。
  • アメリカのカンザス州グッドランドでは、19日の日平均気温が約18℃(平年値:約6℃)で、日最高気温が31℃を超えた。
  • メキシコ北部のチワワでは、21日の日平均気温が約26℃(平年値:約16℃)で、20日の日最高気温が32℃を超えた。
3多雨オーストラリア東部
  • オーストラリア東部のブリズベンでは、17日〜21日の5日間降水量が130mmを超えた(3月の月降水量平年値:109.7mm)。
4高温オーストラリア南東部
  • オーストラリア南東部のメルボルンでは、15日の日平均気温が約27℃(平年値:約18℃)で、19日の日最高気温が34℃を超えた。



異常気象現象分布図
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR