イタリア・シチリア島のエトナ山の噴火

イタリア・シチリア島のエトナ山で3月16日、噴火がありました。

エトナ山は、去年(2016年)も5月21日に噴火し、今年に入ってからも2月27日から始まっていました。
そして、この日は、火山の専門家による監視活動の様子をイギリスの公共放送BBCのスタッフが取材していたそうです。
当時現場付近には、BBC取材班の他、観光客15人、研究者やガイドら計35人前後がいたそうです。
エトナ山は、イタリア南部のシチリア島にある標高3300m余りのヨーロッパ最大の活火山です。
スタッフが撮影した映像では、大きな爆発音とともに白い噴煙が勢いよく立ち上る様子が間近で写されているほか、急いで逃げるスタッフに噴石が雨のように降ってくる様子が叫び声とともに記録されています。
BBCのスタッフや観光客は、急ぎ岩陰や近くに停めてあった雪上車などに避難しましたが、現場にいたBBCのレベッカ・モレル科学担当記者によると、約10人が噴石で負傷し、うち6人が病院に搬送されたそうです。
記者によると、水蒸気と合わさった溶岩流が巨大爆発を起こし、熱い噴石や蒸気をまき散らしたとのことで、動画では、大きな爆発音とともに噴煙が立上る様子が間近で撮影されていました。
「大勢が負傷。頭にも。火傷や裂傷やあざ」とモレル記者はツイートしました。
現場にいた火山学者は、30年来これほど危険な目に遭ったのは初めてだとモレル記者に話したそうです。

エトナ火山(エトナかざん、Etna)は、イタリア南部シチリア島の東部にある活火山で、旧名をモンジベッロ (Mongibello) というそうです。
先に述べたように、ヨーロッパ最大の活火山であり、2014年のGPSを使った測定では標高は3,329mでありますが、活発な火山であるため標高の変化が早いそうです。
但し、アルプスを除いたイタリアでは最も高い山で、山麓部の直径は140kmに及び、その面積は約1,190km2です。
イタリアにある3つの活火山の内では飛び抜けて高く、2番目に高いヴェスヴィオ山の3倍近くもあります。
エトナ火山は、世界でも活動的な火山の一つであり、頻繁に噴火を起こしています。
時には大きな噴火を起こすこともありますが、特別に危険な火山とは見なされておらず、数千人が斜面とふもとに住んでいるそうです。
火山麓扇状地に発達する水はけの良い土壌を利用して葡萄園や果樹園が広がっているそうです。

エトナ火山の過去の大噴火を調べてみました。
・紀元前693年
・紀元前475年
・紀元前396年
・1169年:死者16,000人と記録されています。
・1381年
・1669年3月8日(3月11日~7月15日):死者10,000人と記録されています。
1669年の噴火では、麓のニコロシ村が一瞬にして壊滅し、長さ18kmにも及ぶ地表の断裂ができて、20個の火口が出来たそうです。
そして近くのカタニア市の半分くらいを火山灰で埋め尽くし、堆積物によって近くの海に新しい岬がひとつ出現したそうです。
なお、カタニアはその後1693年に大地震でも壊滅的な被害を受けています。
この町は現在シチリア第二の都市ですが、現在の町並みは19世紀に入ってから再建されたものです。
この噴火では溶岩の流れを変えるために爆弾を投下したり、などといったことが試みられていたそうです。
・1852年 - 1853年
・1928年11月
・1986年:噴火高度1600mだそうです。
・2002年10月27日
・2005年1月8日
・2007年9月4日:噴火高度400m
・2011年1月12日から
・2015年12月4日:噴煙高度約7000mだそうです。

ギリシア神話やローマ神話には、エトナ山に関する様々な伝説があります。
風の神アイオロスは、エトナ山の洞窟に風を閉じ込めたと言われています。
ゼウスに敗れた怪物テュポンはエトナ山に封印され、以来、テュポンがエトナ山の重圧を逃れようともがくたび、噴火が起こるという言い伝えです。
そして、これが原因で、ノアの大洪水を引き起こしたそうです。
また、別の説によると、エトナ山にはアテーナーに敗れた巨人エンケラドスが封印されており、山の下から炎を吐き続けているという言い伝えです。
また、ゼウスとヘラの第一子である、炎と鍛冶の神ヘパイストスは、エトナ山の下で鍛冶を行い、炎の神アドラノスを山から追い出したと言われています。
何はともあれ、現在でも頻繁に噴火しています。
私は、ヨーロッパでの噴火はほとんどないと思っていたので認識不足でした。
イタリアの火山分布図を見ても、火山はいっぱいあります。
火山があれば、地震の恐れもあるし、津波だって発生します。
危険なのはどこの国でも一緒ですね。
そして、ヨーロッパにも原発はあります。
稼動している原発もいっぱいありますが、例え稼動していなくても、地震や津波などで壊滅した場合には、広範囲で人が住めなくなってしまいます。
文明がもたらした、便利なものはいっぱいありますが、原発だけはなくしてほしいと切に思います。

噴火したイタリア南部シチリア島のエトナ山=イタリア・タオルミーナ【AFP=時事】 【ローマAFP=時事】当地の報道によ…
ナポリの町並みから見たエトナ山の噴火の様子です。


シチリア島のエトナ山とイタリアの火山分布図です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR