大理石の洞窟があるマーブル・カテドラル

アルゼンチンとチリの境界にあるマーブル・カテドラルを紹介します。

マーブルカテドラルがあるのはアルゼンチンのヘネラル・カレーラ湖であり、チリのヘネラル・カレーラ湖です。
つまり、アルゼンチン名がブエノス・アイレス湖で、チリ名がヘネラル・カレーラ湖となります。
氷河の作用でつくられた湖で、アンデスの山々に抱かれ、湖水はバケル川(英語読み:ベイカー川)から流れ出て、太平洋に注いでいます。
全体の面積1,850km²のうち、970km²がチリのアイセン・デル・G・カルロス・イバニェス・デル・カンポ州で、残りの880km²がアルゼンチンのサンタクルス州にそれぞれ属しているそうです。
南米屈指の広大な秘境であるパタゴニアに位置し、湖の名前はどちらも国際的に受け容れられています。
深さは586mと深く、チリ最大の湖でもあり、アルゼンチン第四の湖でもあるそうです。
マーブルカテドラルは大理石によってできており、6200年もの長い年月をかけて湖水の侵食によって削られてできた彫刻作品のようなたたずまいを見せる美しい洞窟です。
大理石はマグマに溶かされた石灰岩が再び固まってできたものなので、流れるような断面の模様がとても優美なマーブル模様を生み出しています。
驚くほど鮮やかなこの湖だけでも一見の価値のある名所なのですが、さらにその湖の色をひときわ美しく反射したスカイブルーの洞窟が、マーブルカテドラルです。
サケやマス釣りのスポットとしても有名なため、釣り好きの方にはさらにおすすめだそうです。
ただし、近年では水力発電所の建設計画が持ち上がっているそうで、周囲の生態系が崩れないか懸念されているとの声もあるみたいです。


日本では、なかなかこのような大理石のスカイブルーはお目にかかれません。
湖上の洞窟でのひとときは、行ってみれば感動すると思います。

【チリ】青く輝く洞窟「マーブルカテドラル」がまるでゲームの世界
マーブル・カテドラル内には、ところどころでこぼこしていたり、ぎざぎざととがっているところもありますが、すべて自然の力でできたものだそうです。

【チリ03】マーブルカテドラル 青く輝く大理石の洞窟 (15)
波で、いろいろ侵食を受けています。
面積が1,850 km²だそうです。
琵琶湖の面積が670.4 km²なので、約3倍近くもあります。
外国の人が瀬戸内海を見て、湖だと言うのもわかる気がします。

小型船のツアーに参加
ボートで洞窟を探検している様子です。
ボートもいいのですが、ある程度の人数がそろえば開催されるという、プエルト・トランキーロという町から出る小型船のツアーに参加して、ぜひ内部まで探検してみたいものです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR