ブラジルの激しい干ばつ

異常気象は、今回は南米のブラジルを紹介します。

ブラジル南東部にある、アクデ・ド・セドゥロ(Açude do Cedro)というブラジルで最も古いダムと周辺の水域が、この地域で続いている激しい干ばつのために水が完全に消滅してしまい、行き場を失った約400頭頭のカメたちの死体が転がっていることがブラジルで報じられていました。
それらのカメの死体はすでに干からび始めているそうで、骨と甲羅が延々と乾いた大地に転がる光景が広がっています。
昨年はリオ・オリンピックもあり、華やかな面もあったブラジルですが、そのことを除けば、いろいろと問題が山積みとなっているみたいです。
このダムは、ブラジルのセアラー州という所にありますが、このセアラー州では干ばつがひどく、国家民間保護防衛局を通して、セアラー州の184市のうち130市が、干ばつの影響による非常事態を認めています。
この数は、同州内の市の70%に相当します。
この緊急事態宣言により、給水車での対応や水道管の簡易設置など、支援活動のための異なる法的システムが創設されています。
州民間防衛調整局によると、現在、非常事態にある同州内各市の多くが陸軍により行なわれている給水車活動によるサービスを受けており、これは農村部にも提供されているそうです。
州内の貯水池の状況は厳しく、水資源管理公社により監視されている153カ所のダムのうち、34カ所では0%だそうです。
この地域は、すでに5年間も干ばつが続いていたそうですが、今年に入ってからそれがさらに加速してきているようです。
ブラジル気象局の長期予想では、今年は平年並みの雨量が期待できるということですが、実際にどうなるのかは誰にもわからないそうです。
南米では、現在、さまざまな場所で、森林火災(チリ、アルゼンチンなど)、洪水(アルゼンチンなど)、干ばつ(ブラジルなど)、猛暑(チリなど)、寒波(ベルーなど)、大雪(ベルーなど)などいろいろな気象が出現しているそうで、そのどれもがとても激しいそうです。
このような異常気象は、当ブログでも頻繁に紹介しているように、南米だけではないですが、自然の条件はますます厳しさを増していると感じます。
それらに比べると、現在では日本の異常気象のほうがまだ穏やかなのかなとは思いますがほうだと思いますが、この先のことについてはわかりません。

2015年の写真と、今年 1月のアクデ・ド・セドゥロのダムの状況写真で比べてみますと、下のようになっています。


2015年のアクデ・ド・セドゥロです。
これは誰が見ても、満々と水をたたえている大規模なダムです。


2017年1月のアクデ・ド・セドゥロです。
この写真を見ても、ダムとは思えません。
せいぜい荒地を散歩している女性の風景です。


なんともいいようのない、切ない写真です。
国家非常事態レベルの干ばつでブラジル最古のダムが干上がり、400頭のカメたちの死体が広がっています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR