玉石層の存在と施工能率について

玉石層の存在と施工能率について調べてみました。

いろいろな目的で基礎調査は行いますが、施工前の数ヵ所のボーリング調査の結果だけでは玉石層を確認できないことはよくあります。
つまり、施工前には玉石層は存在しなかったのですが、実際には玉石を含む層が存在し、施工能率が大きく低下してしまった場合などがあります。
でも、例えば延長100m間での道路新設工事だとして、ボーリング調査はせいぜい3~4本程度です。
そして、掘削径が66mm程度なので、すぐ横に玉石層があったとしてもわからないケースもあります。
したがって、地質断面図ではその存在すらなかった場合でも、実際に掘ると出現することになります。
でも、その責任が、ほとんどの場合ボーリング業者にならないのは、掘削する施工範囲に対して、ボーリング調査の範囲があまりにも狭いからです。

これとは別に、ボーリング調査を行うと玉石を混入した層に出くわすことは頻繁にあります。
その場合、かなり密なボーリング調査をしない限り玉石の混入量の把握は困難です。
また、玉石の形状、大きさおよび粒度分布の把握は、人力掘削による確認をしない限り難しいと思われます。
最大礫径の推定については、ボーリング調査では、玉石・転石にあたらない可能性があることや、礫の端部を掘削する可能性があることから、最大礫径についてボーリングで判断することは非常に難しいものです。
ただし、掘削や杭基礎工事においては、礫・玉石の径が問題となることも多いため、設計段階では、下図のように、ボーリングで採取された礫の最大径の2~4倍程度を目安とすることが多いのが実情です。
一方、どの程度玉石が混入すれば、玉石層とするかについては明確な定義はないと思います。
一般的には、ボーリング調査で連続的に玉石が確認され、水平方向の連続性も明確とならない限り、玉石層とはみなさず、例えば、玉石混じり砂礫層などのような土層名とすることが多いと思います。
しかし、そのような層でも部分的にマトリックスが少なく、玉石が密集する箇所がある可能性も十分あり、判断は難しいのが現状です。
ただし、玉石を混入する土層は、扇状地や花崗岩などの固い岩石がつくる崖錐性堆積地形などのように、その成因から玉石を含む必然性のあることが多いと推定されています。
このため、玉石の混入が工事の施工能率に大きく影響する場合には、ボーリング調査結果だけでなく、周辺の地形などを良く調べた上で土層の成層過程などを推定し、総合的に判定することが必要になります。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR