「ノアの方舟」伝説に想う「住みやすい地球」

「ノアの方舟」伝説があります。

「ノアの方舟」とは、旧約聖書の「創世記」に書かれている物語に登場する船のことで、これは実話だと言われています。
その物語によると、今から4500年ほど前、人類の祖であるアダムから数えて10代目の子孫に「ノア」という人物がいました。
ノアは、神に信仰を寄せる唯一の人で、それ以外の人々は堕落し、神など信じることなく好き放題していました。
地上の人間たちの行いに憤りを感じた神は、大洪水を起こし、この地上を滅ぼそうと考えたのです。
しかし、ノアとその家族だけは神に信仰を寄せていたため助けることにしました。
そこで神はノアとその家族にこう告げます。
「私は人間を地と共に滅ぼすことを決めた。お前(ノア)は自分のために、ゴフェルの木で船を造りなさい。船の中には仕切り室を作り、内側、外側をタールで覆いなさい。船の長さは300キュビト、幅は50キュビト、高さは30キュビトにする。船には屋根を作り、入口を側面に作り、3階構造で作りなさい。そして、お前とお前の妻、お前の息子たち、息子たちの妻も船に乗りなさい。また、あらゆる動物の雄と雌を二匹ずつを船に乗せなさい。」
神はこのように告げ、ノアに方舟を作らせたそうです。
長さ300キュビト、幅50キュビト、高さ30キュビトという単位は、およそ長さ133m、幅22m、高さ13mだそうです。
ノアは約100年の歳月をかけて、神のお告げの通りの方舟を作り、方舟にあらゆる動物を雄雌それぞれ2匹ずつつ乗せました。
人間には寿命があって、ノアが一代で100年かけて船を作れるはずがないと思いますが、実は、アダムからノアまでの系譜を見てみると、一部を除き900歳を超える人ばかりだそうです。
現代人の寿命からして考えにくいことですが、ノアの大洪水をターニングポイントにして、人間の寿命は段々と減っていき最大で120歳位となったそうです。
家族と一緒に方舟に乗り込み、それから7日後に大洪水が起きました。
ノアの大洪水が起きた時のノアの年齢は600歳位だそうです。
洪水は40日40夜続き、全ての山が水に覆われました。
これにより、方舟に乗れなかった地上の生物は全て息絶えたそうです。
その後、大洪水の中を約150日間漂った後、徐々に水が引き、方舟は「アララト山」に漂着します。
それから時間が経つにつれ、山々の頂が現れはじめます。
その40日後、ノアは、地から水が引いたか確かめるために、方舟から一羽の鳩を放ちます。
しかし鳩は、とまる場所がなかったので直ぐに方舟に戻ってきます。
その7日後にノアは再び鳩を放ちます。
すると夕方頃にオリーブの葉をくわえて戻ってきたため、これによってノアは地から水が引いたことを知ります。
ノアは、さらにその7日後、鳩を放ちますが、もう鳩が戻ってくることはありませんでした。
これで完全に水が引いたことを知ったノアは、自分の家族と動物たちを方舟の外に出したのです。

image232
この神話のイメージ図です。
その後、ノアは祭壇を造り、生贄のために用意していた動物を神に捧げます。
これにより、神は二度と洪水で生き物を滅ぼすことはないと約束し、空に虹を与えたのです。

このような内容の神話ですが、実はこれはただの神話ではなく、実際に起きた事実なのではないか?と考えられています。
この証拠として、1959年に「ノアの方舟」らしき遺跡が発見されています。
発見された場所は、トルコにある標高5137メートルの「アララト山」の山腹です。
しかし、多くの専門家が現地調査を行いましたが、確定的な証拠を見つけるに至らず、遺跡は自然の地形と推定されるようになります。
ところが、1977年から、再度数年間に渡って精密な調査が行われ、その結果、遺跡は自然の地形ではないことが判明し、「ノアの方舟」だったことが確認されたそうです。

image234
これが「ノアの方舟」が漂着した遺跡です。
世界中の専門家によって、より念入りな調査が行われるようになりました。
1977年には正式な調査チームが派遣されて、考古学者のロナルド・ワイアットと言う人を筆頭にアララト山で船の形をした巨石を発見します。
その石にはロープを通した穴もあったそうで、その他、錨に使われたと思われる石も発見されたとの事です。
方舟の大きさや形状においても、聖書に示されたものと一致しているそうです。
方舟は、長さ300キュビト、幅50キュビト、高さ30キュビト、これは先に述べたように、およそ長さ133m、幅22m、高さ13mです。
この「長:幅:高」の比率は、現在の大型船を造船する際に、最も安定しているとされる比率とほぼ同じだそうです。
このような調査で、「ノアの方舟」が実際にアララト山に漂着したことは間違いないと言われています。

このように、「ノアの方舟」は、実話だと言われていますが、歴史学者から地質学者に至るまで専門家の間では、聖書に記された世界的な大洪水は「現実にあったと理解されるべきだが、それは世界的規模のものではなく局地的なものだった」と考えられています。
この一方で、大洪水は実際に世界中に及んだことを証明する事実も存在しています。
それは、下の写真にあるような「多層貫通化石」と呼ばれるもので、堆積した地層を垂直方向に貫通する巨大な木の幹の化石です。
数十mにも達する厚みを持った地層は、常識的には何百年もかかって形成されるべきものでありますが、木の幹が垂直な形で化石化した層は、わずか数日か数週間のうちにできたらしい事が分かっています。
これは、例えば、大洪水によって、巨大な森が一瞬にして飲み込まれるといった状況が想像されます。
聖書の中に記述された洪水の事実は、貝や魚などの化石が、現在海からはるか遠い場所、それもエベレストも含めた山の頂上から発見される事も物語っています。
この事は、古代には海が今よりもずっと深かった事を意味するものではなく、山々は現在のように高くなく、大洪水をもたらした地球のマントル内部の緊張の結果、地面あるいは水面が隆起したのだと考えられています。

私には、このような証拠があってもなお、「ノアの方舟」は信じたくありません。
人間が900年生きるなんてことだけでも嘘っぽく聞こえます。
でも、2000年からでも、2000年 ( 1件) 、2002年 ( 3件) 、2005年 ( 4件) 、2006年 ( 3件) 、2007年 ( 13件) 、2008年 ( 6件) 、2009年 ( 7件) 、2010年 ( 23件) 、2011年 ( 37件) 、2012年(4件)、2013年(7件)、2014年(8件)、2015年(15件)2016年(11件....5月30日まで)これだけの大洪水が世界のどこかで発生しています。
「ノアの方舟」は、人類への警鐘だと思います。
「これ以上森林を破壊すれば」とか「原発を稼動し続ければ」とか、地球にとっては、人類を滅亡させてでもリフレッシュしたい気分だと思います。

fossil_8.JPG
この写真は、カナダのノバスコシア州にある「多層貫通化石」と呼ばれる木の化石です。
「破滅の化石」とも呼ばれ、立ったままの状態で「積した地層を垂直方向に貫通する巨大な木の幹の化石」となっている森の木です。
常識的には大変に長い時間がかかって形成されるこの状態に疑問を持った科学者たちは、これは「突然の何か」によって木々が立った状態のまま化石となったと判断しました。
そして、それは「突然の大地の沈降」か、「突然の大洪水だった」と考えられています。

nepal-kaseki.jpg
この「エベレスト山頂部から見つかった貝の化石」の写真は、1960年代にエベレストの4,000mから6,000mのチョモランマ層から発見されたアンモナイトの化石です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR