浜松市での不発弾処理と磁気探査について

太平洋戦争当時の不発弾は、もうほとんどなくなったのような平和な日本ですが、まだまだ発見しています。

今年の8月に、浜松市中区のJR東海浜松工場で不発弾が発見されました。
不発弾は、長さ約153cm、直径約41cm、重さ約860kgの米戦艦砲弾とみられていました。
昨日の午前8時36分から同工場内で移送作業が始まり、陸自の車両が約40分かけて、約4km離れた浜松市南区の遠州灘海岸まで運び、深さ約4.5mの穴の底に不発弾を置き、約10mの厚さに砂や土のうをかぶせて午後2時に爆破しました。
この作業のために、移送経路付近の約4000世帯、約12000人に避難勧告が出され、東海道新幹線は浜松-豊橋駅間で運転を一時見合わせたそうです。

不発弾にもいろいろな種類があるようです。
沖縄県で見つかっているものの一部を紹介しますが、今回の不発弾は特に大きいもので、一番下の16インチ艦砲弾に近いものと推定されます。
 
・50kg爆弾
・探知深度1.0m以内
航空機から投下される爆薬
現在の県内公共不発弾探査の性能基準の爆弾。

 
・250kg爆弾
・探知深度2.0m以内
航空機から投下される弾薬
現在の県内公共不発弾探査の性能基準の爆弾。
平成21年糸満市の爆発事故と同型の爆弾。

 
・5インチ艦砲弾
・探知深度0.5m以内
艦艇の艦砲から発射される弾薬
沖縄県内でも最も発見頻度の高い砲弾。 主に中南部地域で発見される。 弾種により、現地処理をする危険度の高いものがある。

 
・100mm砲弾
・探知深度 m以内
陸上において火砲から発射される砲弾

 
・105mm砲弾
・探知深度 m以内
陸上において火砲から発射される砲弾


  • ・16インチ艦砲弾
    ・探知深度 m以内
    艦艇の艦砲から発射される砲弾

    地質調査でも、この不発弾があるかないかを調べることがあります。
    これを磁気探査または磁力探査と言って、特に港湾工事等で、海底に衝撃を与えるような作業を行う場合や、機雷・爆弾等の残存危険物の存在が予想される場所では、工事に先立ちこの磁気探査を実施し、もし不発弾が発見されれば除去することが義務付けられています。
    海上での磁気探査法は、潜水士が探知機を用い、異常点の位置を特定し、吸引器を使用して掘削を行い埋没 磁気異常物の確認を行っています。
    今までも、日本での海上工事では、これらの不発弾に対して磁気探査法を利用し、日本各地の埋没予想地域では不発弾を発見し、触発事故を防いできました。
    私たちの行っている地質調査でも、足場や台船を据え付ける範囲内で事前に磁気探査を行い、不発弾の有無を確認してから作業に入ります。
    私が確認した磁気探査の結果では、探知機には、不法投棄された鉄くずや空き缶などがいっぱい反応しましたが、今まで一度も不発弾が発見されたことはありません。
    もし発見したら、それこそ浜松みたいに極端な安全対策をしてから爆破ということになると思います。
    つい70年前までは、日本の至るところに爆弾が落ちていることは周知の通りです。
    このため、平和な日本でもこうした確認作業は必要だと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR