天井川について

天井川について調べてみました。

天井川(てんじょうがわ)とは、土砂の堆積により河床(川底)が周辺の人家などがある平面地よりも高くなった川のことです。
何故、川の方が人家よりも高くなったかの原因ですが、まず川には土砂を運ぶはたらきがあります。
水によって運ばれてきた土砂は、川底にたまり、川はしだいに浅くなってきます。
川が浅くなると洪水が溢れ易くあふれやすくなるので、洪水が溢れるのを防ぐために、堤防を高くします。
しかし、川は土砂を運ぶのをやめません。
また川底はあがり、川は浅くなります。
するとまた、堤防を高くしなければなりません。
このような繰り返しのうちに、いつのまにか、まわりの土地より川のほうが高くなってしまう現象です。
現在では、全国29の都道府県に少なくとも240箇所が存在しています。
うち半分の122箇所が関西地方にあり、このなかでも滋賀県には3分の1に当たる81箇所が存在しています。
天井川が氾濫すると河床のほうが周囲より高く、川に水を戻しにくいため被害が大きくなります。
人口密集地など土地利用が進んでいる河川を中心に、国土交通省や都道府県が、河川の付け替え、拡幅などの公共事業を実施しています。
河川の改修が地理的に困難な場合には陸閘(りっこう)などで対応している。
陸閘(りっこう、りくこう)とは、河川等の堤防を通常時は生活のため通行出来るよう途切れさせてあり、増水時にはそれをゲート等により塞いで暫定的に堤防の役割を果たす目的で設置された施設のことです。
扉を人力や動力で閉じる方式や木板等をはめ込む方式など様々な方式や規模のものがあります。
滋賀県の草津川も天井川ですが、あまりにも高くなりすぎ、電車が川の下のトンネルをくぐりぬけています。
愛媛県西条市にある大明神川では、現在もJR四国の予讃線線路が川の下を通り車両が通過しています。
岐阜県養老郡養老町の小倉谷では養老鉄道が河川下の煉瓦造りのトンネルを通過しています。
下記に有名な天井川をリストアップしました。

・根小屋町の天井川・・・・群馬県 高崎市
・常願寺川・・・・富山県 富山市
・久江川・・・・石川県 鹿島郡中能登町 邑知地溝帯内
・印沢川・・・・山梨県 西八代郡市川三郷町 身延線を跨ぐ
・浅川・・・・長野県 長野市 信越本線を跨ぐ
・諏訪湖南・・・・長野県 諏訪市 数本の天井川群
・小倉川の天井川・・・・岐阜県 養老郡養老町
・三滝川・・・・三重県 四日市市
・草津川・・・・滋賀県 草津市 JRが下をくぐる
・比良川・・・・滋賀県 大津市
・百瀬川・・・・滋賀県 高島市
・木津川・・・・京都府 綴喜郡井手町,京田辺市,相楽郡精華町,木津川市
・芦屋川・・・・兵庫県 芦屋市 JR東海道線が下を通る
・住吉川・・・・兵庫県 神戸市
・斐伊川下流・・・・島根県 出雲市 八岐の大蛇退治等の神話で有名
・飯梨川下流・・・・島根県 安来市 斐伊川の支流
・砂川・・・・岡山県 総社市久米 足守川の支流
・末政川・・・・岡山県 倉敷市有井 小田川(高梁川水系)の支流
・大乗川(オオノリガワ)下流・・・・広島県 竹原市
・天井川下流・・・・広島県 三原市 沼田川支流
・大明神川・・・・愛媛県 西条市 JRが河床の下を通る

イメージ画像

e0197164_16141626.jpg
この鉄道の上に流れているのが愛媛県の大明神川です。
大明神川は、西条市(旧東予市)河之内の高縄山系、東三方ヶ森東斜面に源を発し、東予市の三芳と壬生川の間を流れ、燧灘に注ぐ延長8.7km、流域面積17平方kmですが、風化花崗岩地帯を激しく侵食し、砂礫を運搬、堆積するので、山麓に国安扇状地を形成しています。
下流では川床が毎年高くなり、現在では天井川となっています。
予讃本線が海岸に平行して南北に通じ、河床の下を64mのトンネルで抜けています。
河水は伏流水となり涸れ川です。
大雨が降れば鉄砲水となり、洪水を繰り返してきたそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR