北海道では大雪です

ここ3日ほど前から寒くなってきました。
松山では晴れの日が続いていますが、北海道を含む北日本や北陸では大荒れの天気となりました。

北海道は、昨日の午前中から太平洋側を中心に本格的な雪となり、午後3時の積雪は、帯広空港で20cmを記録したそうです。
また帯広でも9cmの積雪となっており、11月上旬としては44年ぶりの大雪となっているそうです。
秋田市内では昨日の朝は、本降りの雨に氷の粒が混じり、あられがバラバラと降ったそうです。
大気の状態が不安定となり、昼前にかけて竜巻注意情報も出されたそうです。
新潟県では、3日午前中を中心に風が強まり、佐渡市相川では、昨日の午前7時半ごろ、最大瞬間風速27.0mの非常に強い風を観測したそうです。
44年ぶりの大雪といはっても地元の人の話では、雪が降るのは1週間程度早いだけとはテレビで言っていました。
テレビでの画像では帯広の町は一面真っ白でした。
北海道は、真夏には日本で一番暑い日もあったと思うのに、冬になるとこちらの四国とは全く違った寒さになってしまうようです。

寒くなると、私たち地質調査の現場では、いろいろと寒さ対策をしないといけません。
特に水の管理は重要で、ボーリングマシンの内部が凍ってしまうと、昼ごろまでは仕事になりません。
身体も寒いと能率が悪くなりますが、昔みたいに焚き火をするなんてことはご法度です。
いろいろと神経を使う季節及び時代になってきました。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR