阿蘇山の噴火

阿蘇山がまた噴火しました。

気象庁によると、噴火したのは8日午前1時46分ごろで、場所は中岳第1火口です。
この爆発的噴火は1980年1月26日以来、36年ぶりだそうです。
そして、阿蘇山は、昨年9月14日以来のレベル3へ引き上げられました。
7日午前10時ごろから火山性微動の振幅が大きくなり、火山ガス(二酸化硫黄)が非常に多い状態が続いていたそうで、午後9時52分には、小規模な噴火が発生していました。
この噴火により、いったん岩盤が割れて火口が開いたそうですが、8日未明になり、何らかの原因で火口が再びふさがったそうです。
これによって地下の圧力が急速に高まり、今回の爆発につながった可能性があるとされています。
気象衛星では、高さ1万1千メートルの噴煙を確認したそうです。
気象庁は午前3時過ぎに降灰予報を発表し、偏西風に乗って火口から北東方向に火山灰が流されるとみていました。
阿蘇山から東北東に200キロほど離れた松山市の中心部でも、午前5時半ごろから火山灰が降り始めました。
粉のような灰が降る様子は肉眼でも確認でき、車のフロントガラスなどには、白っぽい灰がうっすらと積もっていました。
この火山灰は、香川県にまで流されたことが確認されています。
阿蘇山の噴火の兆候を観測する研究施設「京都大学火山研究センター」(熊本県)の大倉敬宏教授によると、今回の噴火は、火山の地下水がマグマの熱によって温められ、沸騰して爆発する「水蒸気爆発」とみられるそうです。
8日に爆発的噴火をした熊本県・阿蘇山の火口付近を上空から見ると、直径4メートルほどの噴石も確認され、今回の噴火が近年には見られない大規模なものだったことが裏付けられました。
また、深さ約150メートルある火口の底には「湯だまり」があったそうです。

今回の噴火が、破局噴火に繋がることを懸念します。
破局噴火(はきょくふんか ultra plinian)とは、地下のマグマが一気に地上に噴出する壊滅的な噴火形式で、しばしば地球規模の環境変化や大量絶滅の原因となります。
大規模なカルデラの形成を伴うことからカルデラ破局噴火と呼ぶ場合もあります。
また、そのような噴火をする超巨大火山をスーパーボルケーノとも呼んでいます。
九州のカルデラを代表する阿蘇山では、30万年前から9万年前までの間に、4回も巨大なカルデラ噴火が発生しています。
特に、9万年前の噴火は阿蘇4噴火と呼ばれ、わが国のカルデラ噴火としては最大級のものです。
放出したマグマは600立方㎞以上に達したそうです。
これは、江戸にまで火山灰を降らせた約300年前の富士山宝永噴火の1,000回分に当たるそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR