今年もまたノーベル賞に日本人

今年のノーベル医学・生理学賞に、細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」という生命の基本的な仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71)が選ばれました。

オートファジー(Autophagy)の言葉の中で、「phagy」はラテン語で「食べる」の意味があり、それに「自ら」の「Auto」を付けた造語で、自食作用と訳されています。
オートファジーは自分の足をたべる蛸で表現されることがありますが、蛸の場合はもっぱらストレスによる行動のようです。
ネットで調べても、私に解る範囲はそれくらいで、なにがすばらしいのかさえわかりませんが、日本人が毎年ノーベル賞を貰うのは、努力の怠らない日本人魂の結果だと思います。
生物学の中でも地味とされるこうした分野の研究に対して、国からの研究費は少ないそうです。
そんな中でのノーベル賞です。
「あっぱれ」ですね。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR