伊方町の亀ヶ池の伝説

伊方町に亀ヶ池があります。

亀ヶ池(かめがいけ)は加周池(かしゅういけ)とも呼ばれ、細長い佐田岬半島では珍しく大きい潟湖(せきこ)で、大きさは、愛媛県下一だそうで、周囲2km、面積10.2ha、最深12mにもなります。
いつごろ池ができたかははっきりしませんが、慶長年間(1596~1614)までは、入海であったことが記録に残っています。
亀ヶ池の潟湖説として、
①波と一緒に打ち寄せられた土砂が、だんだんと積もり海をせき止められてできた
②池の底に波止の跡があり、古い時代には人が住んでいたと思われるふしもあることから陥没によってできた
③大津波のため、入り江の大部分が一夜のうちに外海から遮断されてできた
このように想定されていますが、はっきりとはわかっていません。
この亀ヶ池は、「亀ヶ池の大蟹伝説」として昔から語り継がれている伝説があります。
『昔、九町池に大きな蟹が住んでいたそうです。
ところが、長い年月の上に近くを流れる新川から土砂が流れ込んで、だんだん狭くなり、その上蟹も畳8枚くらいの大きさになったため、どうしても九町池に住むことができなくなりました。
そこである年の大晦日の夜、海を渡って隣部落である亀ヶ池へ移り、池の主であった「えんこ(カッパのような妖怪)」と交替してもらったそうです。
大蟹は広々とした池の主になったうれしさのあまり池の中を泳ぎ回り、そのため地元の人の舟が度々転覆するようになりました。困った人々は、お宮の神主さんに頼み、大蟹は池の底に深く封じ込められてしまったと言うことだそうです。』

こんな伝説でした。
また、国の指定特別天然記念物である「カワウソ」も、以前は伊方地区に相当数生息していたらしいとの事です。
昭和40年1月13日、加周海岸の東で伊方町二見の山口雅雄氏の網に重さ4.5kgの雌が死体となってあがったことによって、二見地区にも今なお生息している可能性があるものと思われています。
この近くには伊方亀ヶ池温泉があります。
四国の最西端にある温泉地として広く人々に知られている温泉で、弱アルカリ性低張性温泉で、神経痛や筋肉痛、疲労回復、健康増進などの効能があるそうです。

亀ヶ池近辺














亀ヶ池です。
この写真では、埋め立てかなとも思ってしまいます。
ボーリング調査でも何本かしてみれば歴史が解明されるかも知れません。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR