白い彼岸花

彼岸花は、赤い色ばっかりと思っていましたが、事務所の近くで白い花も見つけました。

白い彼岸花は、「アルビフロラ」と言うそうです。
ただし、花色、花形、葉色の異なるタイプがいくつかあるそうです。
花色も、すべてが純白ではなく、クリームがかった白、うすいピンクがかった白、濃い目のピンク(アルビピンク、チェリーピンク)などいくつか変化が見られるそうです。
花形は、花弁がやや幅広くてフリルの入るものや、細弁のものなどがあり、いずれも強く反転します。
葉色にも濃淡の差があります。
花弁が幅広くてフリルの入るタイプを「アルビフロラ」、細弁のタイプを「エルジアエ」とも言うそうですが、一般には、広弁のタイプも細弁のタイプも含めて、「アルビフロラ」で流通しているようです。
黄色い彼岸花もあるそうで、「アルビフロラ」は、黄色の「ショウキラン」と赤の彼岸花の雑種といわれています。
色彩の世界では、赤と黄色を混ぜ合わせたら、オレンジないしは柿色などを想像しますが、「ショウキラン」の黄と彼岸花の赤とがかけ合わされた結果、白色の花ができるというのも、なんだか不思議な感じがします。

P9280001.jpg
白い彼岸花と赤い花が並んで咲いています。

P9280002.jpg
白い彼岸花「アルビフロラ」です。

P9280003.jpg
こうして縦列で咲いていると鮮やかに見えました。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR