和歌山県すさみの海中郵便ポスト

海低に設置されている郵便ポストがあるそうです。

これは、海底ポスト、海中郵便ポスト、海中ポストとも呼ばれ、日本では和歌山県周参見(すさみ)町、静岡県伊東市、沖縄県那覇市に設置されています。
その中で、2002年にギネスブックに「世界一深いところにあるポスト」として認定されたのが、和歌山県周参見町にある「すさみ海中郵便ポスト」です。
その名の通り水深10mの深さに設置されており、普通に潜っただけでは到底到達できない場所にあるそうです。

このポストですが、ダイビングに訪れたダイバーが設置したポストに投函し、投函されたハガキは地元のダイバーが毎日回収し、すさみ郵便局から全世界に発送されるそうです。
これは、1999年4月に南紀熊野体験博でのイベントの一つとして、和歌山県すさみ郵便局局長の発案で設置されたそうです。
設置場所は、和歌山県すさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸で、岸から100m、水深10mの海底で、郵便ポストは、昔ながらの円柱形の丸ポスト(郵便差出箱1号)です。
1日平均10通、週末や夏休みには多い日で50通のハガキが投函され、年間投函数は1000通近くに上るそうです。
2002年6月9日に投函数が1万通、2005年12月25日には投函数2万通、さらに2011年10月1日には投函数が3万通を記録したそうです。
元々すさみ町は、ダイビングスポットとして人気があるところで、海中ポストへの投函目的で訪れる人も多く、ダイビングツアー参加客が現地で耐水紙はがきを買って投函しているそうです。
2007年4月15日には、8年間海底に設置されていたポストの老朽化により、ポストの取り換え作業が行われています。
2015年にはダイハツの自動車『キャスト』のCMにも登場しています。

海中ポスト
水深10mの海中郵便ポストです。
ポストに投函する人は単に趣味なのでどんなに苦労しても特に思わないのですが、毎日回収する地元のダイバーは大変です。
台風が来ているときなどは命がけですね。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR