ボリビアにある、絶景で知られる「ウユニ塩湖」

ボリビアには、絶景で知られる「ウユニ塩湖」があります。

「ウユニ塩湖」は、ボリビア中央西部ポトシ県(Potosi)標高3,700mの原野に広がる塩の湖です。
総面積12,000平方キロメートルもあり、広さは、四国の半分ほどあり、世界最大の塩原です。
一般的には「ウユニ塩湖」と呼ばれていますが、乾季には、水はなく塩が一面に堆積しており、その独特な景観から年間を通して多くの観光客が訪れています。
1月~4月の雨季には塩原の表面に薄く雨水がたまり、「天空の鏡」と呼ばれる巨大な水溜りができます。
つまり、湖面に水が溜まり鏡となって空を映し出す「鏡張り」として有名です。
また、「ウユニ塩湖」は地球上で最も平らな大地とされている場所で、広大な塩原全体で高低差が50cmしかありません。
人工衛星も地球との距離を測るため「ウユニ塩湖」の上空を通過し正確な高度を測定していると言われています。
この平らな塩湖の表面に、雨季、雷とともに降り注ぐ大量の雨水がうっすらと溜まると、世界でも類を見ない一面の鏡の世界となります。
雨季は、雲が多く降水確率も高いため夕日や星空の鑑賞には適していませんが、時間や条件によっては鏡となった湖面に星空が広がる、ここだけの一大パノラマが楽しめるそうです。
5月~12月の乾季には車で塩原に乗り入れることが可能となり、ジープで真っ白な大地を疾走する雄大な爽快感を楽しめます。
数千本のサボテンが根を張る塩原に浮かぶ島、インカワシ島(Inca Wasi)をめざすのもこの時季です。
塩原を覆う塩の層は厚さが不均一で、凹地では巨大な塩の結晶を採掘することができます。
真っ白な大地を利用したユニークな錯覚写真の撮影も人気です。
影が一番小さくなる正午に撮影するのがベストです。
乾季は晴天率が極めて高く、夕日や星空の鑑賞には理想的な条件がそろっています。
塩原周辺には人工の光源がないため、夜間は地平線上から星空が広がり、南半球の星空を満喫できます。

「ウユニ塩湖」のウユニ(スペイン語: Uyuni)はボリビアの西側にある小さな町の名前です。
「ウユニ塩原」から車で1時間のところにあり、塩原観光の拠点となっています。
2012年に新空港が開港して以降、アマゾナス航空(英語: Línea Aérea Amaszonas)がラパス市から1日3便の定期便を運航しています(2015年4月現在)。
また、ボリビア中央部のオルロ市から週に5便の鉄道が出ているほか、ラパス・オルロ・ポトシなどの主要都市からのバス便も出ていますが、道路状態が悪いことと深夜運行にも拘らず十分な暖房設備を持たないバスが多いため快適とは言い難いそうです。


これが、「ウユニ塩湖」の湖面に水が溜まり鏡となって空を映し出す「鏡張り」です。
これだけの写真では解りづらいと思いますが、写真中央より写真上が本物の青空と雲で、これが「ウユニ塩湖」に映し出されているのが写真下です。


上の写真では解りづらいのですが、「ウユニ塩湖」の湖面の水溜まりの上をジープで走るとこのように上下対称がよく解ります。


夕方の「ウユニ塩湖」は、一段と幻想的です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR