宇宙空間から見たヒマラヤ山脈

宇宙空間から、ヒマラヤ山脈を撮影した写真があります。

絶景写真 23.0
ヒマラヤ山脈は、地球上で最も標高の高い地域です。
エレベストを含む地球上で最も高い8,000 m級の山が14個、7,200 m以上の山が100個以上存在しています。
その全長は2,400 kmにも及んでいますが、宇宙空間からだと、このようにすべてが写っています。
向こう側が海のようですから、中国側から撮影したようです。

d0063814_1581487.jpg
宇宙空間から見たヒマラヤ山脈の氷河の様子です。
8000m級の山々を抱えるヒマラヤ山脈には、数千もの氷河があります。
写真は、NASAの地球観測衛星(EO-1)が、2009年12日25日に撮影したネパールとの国境近くの中国南西部のヒマラヤ山脈だそうです。
写真中央部の大きな氷河を見ると、右端には真冬のため凍った氷河湖が見えます。
また、氷河が皺状になっている所はクレバスです。
この写真は、ヒマラヤが珍しく好天に恵まれた日に撮影されたもので、色は実際のカラーで、撮影範囲は30kmだそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR