西之島の近況報告

小笠原諸島の西之島の近況報告です。

小笠原諸島の父島の西の約130kmにある西之島は、3年前の11月以降、活発な噴火活動が続いていましたが、半年前の観測を最後に噴火や溶岩の流出は確認されていません。
5月20日に海上保安庁が航空機で上空から観測を行ったところ、噴火や新たな溶岩の流出は確認されなかったそうです。
4月の調査では、火口から大量の白い噴気が出ているのがおよそ2か月ぶりに観測されていましたが、今回はそれも確認されなかったみたいです。
でも、火口からは青紫色の火山ガスの放出が確認されたほか、火口の縁などの地表の温度は依然として高く、周辺の海域では、海底から出る火山ガスなどで海水が変色している様子も観測されたそうです。
また、島の周囲には海岸の浸食などによって砂浜が広がっていることが確認され、島の面積はおよそ2.66k㎡と、前回の調査の時点よりも僅かに拡大しているそうです。
調査に同行した東京工業大学の教授である野上健治さんは、「前回確認された白い噴気は高温のガスで熱せられた雨などの可能性があり、新たなマグマの供給を示す現象は認められず、静穏の状態にあると考えられる」としています。
海上保安庁は、火山活動は依然として続いているとして、近くを通る船舶などに注意を呼びかけているそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR