熊本、大分から、愛媛県伊方原発への波及は?

「平成28年熊本地震」は、4月16日未明にも、マグニチュード(M)7・3の地震が発生しました。
この地震は、4月14日の熊本地震の余震ではなく、一連の活動で最も規模が大きい「本震」と気象庁が発表しました。
そして、28時間前に起きた「震度7」の熊本地震を「前震」だったと訂正しています。

この一連の地震は、熊本県内をほぼ北東から南西方向に延びる「布田川(ふたがわ)断層帯」、「日奈久(ひなぐ)断層帯」で、南北方向に引っ張られる力で断層が横に動いた「横ずれ断層」型ですが、4月16日には、熊本県だけでなく、大分県内の、別府湾から県西部にかけて、「別府-万年山断層帯」という活断層が多く分布しており、これらの活断層群でも地震が発生していました。
実は、この「布田川断層帯」、「日奈久断層帯」、「別府-万年山断層帯」は、四国を東西に横切る活断層「中央構造線断層帯」の延長線上にあり、愛媛県では、この通り道に伊方原発があります。
「中央構造線断層帯」は、鹿児島県西沖から、茨城県まで続いている世界有数の断層です。
福島第一原発の内陸側には、「双葉断層」という断層があります。
それも、「中央構造線断層帯」の一部とする説もあり、そうなれば、鹿児島県から宮城県まで、ほぼ日本列島を貫く事になります。
今再稼動している九州電力の川内原発も「中央構造線断層帯」に近いのですが、伊方原発の「中央構造線断層帯」は、沖合たった8kmにあります。
単純比較は出来ませんが、東日本大震災は宮城県牡鹿半島の東南東沖130kmの海底を震源とし発生しました。
阪神淡路大震災は、「野島断層」の震源地から、神戸市街地中心部までは約10kmです。
それでも阪神高速道路が倒壊しました。
数年前までは、南海地震が危険だと言われていたので、瀬戸内海側にある伊方原発は、南海地震の津波の影響を受けないと思われるので比較的安心していました。
でも、熊本県から大分県へと、じわじわと大きい地震が近づいてきています。
例えば、別府湾で地震があったとしても、津波の影響は受けてしまいます。
伊方原発は、海抜10mにあり、比較的高台だとは言われていますが、東日本大震災では、大船渡市等いくつかの市町で津波の高さが40m程だったと言われています。
そんな規模の津波に襲われたら、愛媛県そのものが壊滅してしまいます。

5922758839_fde51ed755_b.jpg
西日本の地図では、「中央構造線断層帯」と伊方原発はほぼ隣です。

5922760475_e59090f813_b.jpg
「中央構造線断層帯」は、沖合たった8kmにあります。
原発は、簡単には廃炉にできないので、もう取り返しのつかないところまで来ているのでしょうか。

別府湾の活断層と中央構造線断層帯

「中央構造線断層帯」と、断層の種類についてです。
今回の地震は、横ずれ断層です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR