幻想的な中国の丹霞地形

中国の丹霞地形は、日本では考えられないような真っ赤な岩山です。

丹霞地形(たんかちけい、中国語:丹霞地貌)は、中国南部に見られる切り立った断崖などを特徴とする、赤い堆積岩が隆起した地形です。
中国で見られる地形の中でも特異で、主として中生代白亜紀の赤みがかった砂岩や礫岩によって形成されています。
名前の由来は、中国の丹霞山景区にある丹霞山にちなんで「丹霞層」という呼び名が1928年に使われ、1939年に地質学者の陳国さん達が「丹霞地形」という名称を使ったのが始まりだそうです。
丹霞地形は中国南部に多く見られます。
・貴州省の赤水
・福建省の泰寧
・湖南省の莨山
・広東省の丹霞山
・江西省の竜虎山
・浙江省の江郎山
などがあり、福建省の泰寧県にある丹霞地形は「幼年期」の好例で、深く狭い渓谷が見られます。
より年月を経ている丹霞地形だと、さらに侵食が進んで渓谷は広がり、孤立した塔のような地形なども見られるようになっています。
形成される景観はカルスト地形とよく似ているものもあるそうですが、カルスト地形が石灰岩で成り立っているのに対し、丹霞地形は、先に述べたように砂岩や礫岩で成り立っています。
このため、「カルスト地形もどき」 ("pseudo-karst" landforms) とも呼ばれています。
丹霞地形では侵食作用によって、規模も形も様々な洞窟が数多く形成されています。
それらはどちらかというと浅く、孤立しており、カルスト地形の鍾乳洞がしばしば深く入り組み、互いにつながっているのとは対照的です。
このような洞穴には古くから人々に利用されてきたものもあり、江西省竜虎山には、洞穴を利用した約2600年前の懸墓遺跡群も残っているそうです。
2010年には、先に紹介した、貴州省の赤水、福建省の泰寧、湖南省の莨山、広東省の丹霞山、江西省の竜虎山、浙江省の江郎山にそれぞれ残る丹霞地形が、ユネスコの世界遺産リストに登録されました。
このうち3箇所(泰寧、丹霞山、竜虎山)は、世界ジオパークとして認定されています。


丹霞(たんか)とは、日の光を受けて赤く映える靄(もや)や雲、夕焼け雲を意味する言葉ですが、その名にふさわしい美しい赤の岩山です。
岩山に含まれている鉄分やマンガンなどが、このあざやかな赤色を生み出しているのだそうですが、この写真を見ると幻想の世界に入り込んでいくようです。

写真
丹霞地形を近くで見ると、確かに砂岩や礫岩です。
この写真は、礫岩が主体のようで、細かくくだけた岩をたくさん含んでおり、赤味がかっています。
見るからに崩れやすそうで、愛媛県で見られる中生代白亜紀(和泉層群)の砂岩・礫岩とは違っています。
実際に、風化・浸食されやすい柔らかい岩だそうで、丹霞地形には、人造の石柱のような奇岩や、大きくえぐられた場所が至る所に誕生しています。

写真
この岩は、「陰元石」と言って、自然の割れ目ができている岩です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR