今の日本はデフレーション

今の日本は、デフレと言われています。

デフレとは、「デフレーション」の略なのですが、いまひとつ理解できていない人が多いようです。
デフレはインフレとは逆に、物価の価値が下がり、お金の価値が上がっている状態です。
商品で例えると、1000円のものが、500円に値下がりした状態を言います。
物価が下がり、お金の価値が上がった状態です。
半分のお金でものが買えることになります。
デフレの良いところとしては、
物が安く買えるため消費が進む
     ↓
消費が進めば企業に利益が出る
     ↓
企業に利益が出れば給料が上がる
     ↓
給料が上がればさらに消費が進む
となり、お金が回り、経済が潤います。

次に、インフレですが、「インフレーション」の略で、物価が上昇し、お金の価値が下がっている状態です。
商品で例えると、1000円のものが、2000円に値上がりした状態を言います。
物価が上がり、お金の価値が下がったことになります。
インフレのいい点としては、
物価の価値が高いため企業に利益が出る
     ↓
企業に利益が出れば給料が上がる
     ↓
給料が上がれば消費が進む
となり、デフレと一緒で、お金が回り、経済が発展していきます。
バブルと呼ばれた時代は、正にインフレの時代でした
一見良いことだらけに見えるインフレも、行き過ぎてしまうと、経済が破綻してしまいます。
例えば、1000円のものが2000円くらいならまだいいのですが、これが10000円になったしまったとすると、貨幣価値としては、1000円の価値が100円にまで下がってしまうことになります。
こうなると、お金の価値がドンドン下がっていくため、欲しい物が買えなくなり、お金が回らなくなります。
この結果、企業にお金が入らなくなり、物が作れず、経済が破綻することになります。
これが、「ハイパーインフレ」と呼ばれる状態です。

今の経済状態であるデフレもインフレと同じように、良いことだらけに見えるのですが、デフレは、進むスピードがインフレとは違い、あっという間に、行き過ぎてしまいます。
安いものが増えれば、当然、消費者はもっと安いものを求めます。
     ↓
そうすると、企業に入る利益が、どんどん少なくなってきます。
     ↓
物は売れるのですが、利益が少ないため、給料が上がることはありません。
     ↓
給料が上がらなければ、消費が進むことはないので、お金が回らなくなります。
     ↓
でも、物価はどんどん安くなっていきます。
     ↓
企業は利益が上がらなくなってくるので、給料を下げざるをえません。
     ↓
そうなると、ますます消費は進みません。
     ↓
でも物価は安くなります。

こうやって悪循環が進み、経済が悪化していきます。
これが、「デフレスパイラル」です。
今の日本がこの状態で、なんとかデフレを止めようと、政策を打ち出していますが、あまり効果は出ていないようです。
悪循環である、デフレスパイラルを止めるには、世の中に、お金を流通させることが一番だと言われています。
ダムやトンネルなど、民主党政権では毛嫌いしていた公共事業で大金を動かします。
また、定額給付金などのお金を配って消費を促します。
どれもうまくいってないのは、どうしても日本人は、貯蓄志向が強いからと分析されています。
特にお年寄りがお金を持っていると言われていますが、使われていないのが現状です。
墓場へ持っていく前に、無駄使いをしてほしいものです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR