内子町五十崎のヒョウタン池の中の人工の家

愛媛県内子町五十崎にヒョウタン池があります。

JR五十崎駅近くの国道56号を南に曲がり、高速道路下のカルバートトンネルを過ぎてまっすぐ3分ほど走ると左側にヒョウタン池があります。
この池の下流には水田がたくさんあるので、この池は灌漑用の農業ため池だと推察できます。
ここに、何故か人が暮していたと思われる人工の島?人工の家?がありました。

01-P2110047.jpg
岸からは近いのですが、今では船がないと渡れません。
基礎杭はコンクリートパイルを6本施工し、その上に5角形の屋根を葺いています。
しっかりした造りですが、今はぼろぼろになっています。
手前には、昔は橋が架かっていたと思われるような残骸ものこっています。

02-.jpg
窓ガラスがあったと思われますが、今はありません。
家の中はハンガーとか傘が見えます。
手前には、H型鋼が2本あるので、ここを支えに橋が架かっていたと思われます。
コンクリートパイルだけはまだまだしっかりしています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR