SMAPの解散について

SMAPの解散について、世間でいろいろと話題になっています。

SMAPは、2020年の東京パラリンピック大会の成功とパラスポーツの振興を目指す「日本財団パラリンピックサポートセンター」のサポーターにも就任したところなので、政治力も働いて解散も簡単ではないようです。
昨日、今日の情報によると、どのようなかたちであれ「解散はしない」ことが決定的となったようです。
SMAPが今後もグループとして継続する場合、選択肢としては2つあるようで、一つは、中居くんら4人の独立が撤回され、ジャニーズに残ってこれまで同様に活動を続けるパターンと、もう一つは、SMAP全員が別の事務所に所属するパターンです。
SMAPはどちらの形態になったとしても、グループの存続を最優先にする方針を固めたようですが、ジャニーズの社長の姉で、89歳にもなるメリー喜多川副社長と言われる人は、中居くんらの残留を固くなに拒んでいるため、後者になる可能性が高いようです。
それにしても、89歳のおばあさんが権力を握っている芸能界とは、とんでもなく腹黒い世界と思ってしまいます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR