電気伝導度について

水文調査でよく使う電気伝導度について調べてみました。

電気伝導度(EC・electric condacttivity)とは、電気の通りやすさを示す指標です。
電気伝導度観測は以下の点で役立ちます。
①流域の大まかな水文地質特性
②地下水系統の異なる水の判定
③水質変化の監視
④異種の水塊における混合等の把握
単位は、μS/cmをよく使います。
これを1mS/mに換算すると、1μS/cm=10^-6S/10^-2m=10^4S/mとなり、1mS/m=10^-3S/mで、10^4S/m<10^-3S/mとなるそうです。
これにより1mS/mの方が1μS/cmより10倍大きくなるようです。
日本の天然水の一般値としては、
・雨水・・・・10~30μS/cm
・上流のきれいな河川・・・・110μS/cm
・下流の汚れた河川・・・・200~400μS/cm
・海水・・・・45000μS/cm
です。
海水の値が真水よりも異常に大きい値を示すので、塩水による地下水追跡にも使うことができます。

電気伝導度と同じような言葉で、電気伝導率がありますが、これは違うものです。
違いとしては、JIS K0130によると、
①電気伝導度・・・・電解質水溶液で満たされた電極間の電気抵抗の逆数。
②電気伝導率・・・・ 面積1平方メートルの2個の平面電極が1メートルで対向している容器に電解質溶液を満たして測定した電気抵抗の逆数で、 「導電率」とも言います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR