日本の硬貨について

日本の硬貨の寸法、重さ、厚さ、素材について調べてみました。

①一円
外径:20mm
重量:1g
厚さ:約1.54mm
素材は、アルミニウムのみです。
②五円
外径:22mm(孔径:5mm)
重量:3.7g
厚さ:約1.5mm
素材は黄銅(真鍮:銅・亜鉛の合金)です。
割合は、銅(Cu)が1000分中600以上700以下、亜鉛(Zn)が1000分中300以上400以下なので、Cu:Zn=6~7:3~4です。
③十円
外径:23.5mm
重量:4.5g
厚さ:約1.3mm
素材は、青銅(銅・亜鉛・錫の合金)です。
割合は、銅(Cu)が1000分中950、亜鉛(Zn)が40以下30以上、錫(Sn)が10以上20以下なので、Cu:Zn:Sn=9.5:0.4~0.3:0.1~0.2です。
④五十円
外径:21mm(孔径:4mm)
重量:4g
厚さ:約1.5mm
素材は、白銅(銅とニッケルの合金)です。
割合は、銅(Cu)が1000分中750、ニッケル(Ni)が250なので、Cu:Ni=7.5:2.5 です。
⑤百円
外径:22.6mm
重量:4.8g
厚さ:約1.7mm
素材は、白銅(銅・ニッケルの合金)です。
割合は、銅(Cu)が1000分中750、ニッケル(Ni)が250なので、Cu:Ni=7.5:2.5です。
⑥五百円
外径:26.5mm
重量:7g
厚さ:約2.0mm
素材は、ニッケル黄銅(銅・亜鉛・ニッケルの合金)です。
割合は、銅(Cu)が1000分中720、亜鉛(Zn)が200、ニッケル(Ni)が80なので、Cu:Zn:Ni=7.2:2.0:0.8です。

こうして比較してみると、一円以外は銅(Cu)がほとんどです。
銅のイメージは茶色系なので、十円だけかと思いがちなので不思議な気がします。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR