北の湖さんと白鵬の「猫だまし」

大相撲の理事長だった北の湖さんが亡くなりました。
理事長としても、大相撲に貢献した人としても残念でなりません。

今にして思えば、北の湖さんらしいコメントが、亡くなる二日前にありました。
白鵬と栃煌山との一番で、白鵬が「猫だまし」をしました。
「猫だまし」は、昔舞の海さんあたりがしていたので知ってはいましたが、弱い人が強い人に対して使うフェイントなので、その時ラジオを聴いていた私は、栃煌山がしたのとばかり思っていました。
でも、したのは白鵬でした。
もともと白鵬の今までの態度には納得がいかなかったのですが、まさか「猫だまし」をするとはとびっくりでした。
北の湖さんも、横綱らしからぬ相撲内容を痛烈に批判していました。「考えられない。前代未聞じゃないの。歴代(の横綱)でもそんな人はいない」
今場所、白鵬が優勝できなかったのは、北の湖さんの魂がそうさせたのかも知れません。
白鵬は、北の湖さんが亡くなって、「猫だまし」の批判について、「理事長のそういった発言は愛のムチだったと思う」とコメントしていました。
まるでわかっていないその態度は、もうずっとずっと前から横綱失格だと私は思います。


スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR