「トンネル」「随道」「洞門」「覆道」の違いについて

道路を走ると「トンネル」「随道」「洞門」「覆道」など、「トンネル」みたいな構造があります。
この違いは何なのか調べてみました。

まず「トンネル」( tunnel)ですが、地上から目的地まで地下や海底、山岳などの土中を通る人工の、または自然に形成された土木構造物であり、断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいうようです。
1970年のOECDトンネル会議で「計画された位置に所定の断面寸法をもって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が2m²以上のものとする」と定義されています。
人工のものは道路、鉄道(線路)といった交通路(山岳トンネル、地下鉄など)や水道、電線等ライフラインの敷設(共同溝など)、鉱物の採掘、物資の貯留などを目的として建設されています。
この「トンネル」ですが、日本ではかつて中国語と同じく「隧道」(すいどう、ずいどう)と呼ばれていました。
常用漢字以外の文字(隧)が使われているために、第二次世界大戦後の漢字制限や用語の簡略化、外来語の流入などの時代の流れにより、今日では一般的には「トンネル」と呼ばれるようになりましたが、「トンネル」の正式名称に「隧道」と記されることも多く見られます。
特に、古い時代に建設されたものに多く見られます。
鉄道や道路の「トンネル」には入口と出口が決められており、起点に近い方が入口となっています。
新幹線で例えると、東京寄りの坑口が入口であり、その逆が出口となります。
次に「洞門」(どうもん)ですが辞書で調べると、
① ほらあなの入り口、また,ほらあなの入り口に作られた門
② 落石・雪崩防止のため,道路に接した擁壁を用いて設けたトンネル状の工作物
と書いてあります。
あと「覆道」(ふくどう)ですが、これは雪崩や落石、土砂崩れから道路や線路を守るために作られた、「トンネル」に類似の形状の防護用の建造物のことだそうです。
そして、道路用のものは「洞門」と呼ばれることが多いとのことで、他には「覆い工」、「シェッド」、「シェード」とも呼ばれています。
雪対策のものは「スノーシェッド」、岩石対策のものは「ロックシェッド」と言い、両者を兼ね備えるものもあります。
「覆道」もしくは「洞門」は、主に、海岸沿いや川沿いで山や崖が道路や鉄道の近くまで差し迫ったところに作られています。
「トンネル」の一種と捉える説もありますが、「覆道」「洞門」の谷側は完全に吹き抜けになっていることが多いので、どうやら、「トンネル」と「覆道」もしくは「洞門」との違いは、この「明り取り」の有無のようです。
「トンネル」に接続するものも多く見られますが、「覆道」もしくは「洞門」と「トンネル」とで断面が変わるためにすぐに見分けがつくことも多いです。
「覆道」「洞門」は断面が長方形のものが多いのに対し、「トンネル」は、大洲~八幡浜間の夜昼トンネルのように長方形もありますが、円形のものが多いのが特徴です。

PA290193.jpg
愛媛県と高知県の県境にある「洞門」です。
長方形で、「明り取り」もあります。

PA290192.jpg
山を掘削して施工したのではなく、山側擁壁を用いて、落石防止対策をしているような構造です。
私は、当初は土被りが厚いのが「トンネル」「随道」で、土被りがないとか薄いのが「洞門」「覆道」と思っていました。
でも、これも概ね間違いではないようです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR